「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚に必要な理由ってなんですか?

気が合わないから離婚する、なんとなく離婚したい、結婚生活に飽きちゃったから離婚しますなんて理由で、婚姻関係を解消する人もゼロではないはずです。

特に勢いで結婚をした若いカップルの場合、離婚を決意するときも意外と軽い気持ちだったりしますよね。
夫婦の合意があれば、離婚を成立させることはそれほど難しい問題ではありません。

ただ夫婦の合意が得られない場合には、協議離婚で問題を解決できませんので、家庭裁判所へ調停の申立、裁判の提起を行う必要があります。

家庭裁判所に調停を申し立てるのですから、それなりに離婚の理由が必要です。
なんとなくなどの軽い気持ちでは離婚の理由として認められません。

離婚に必要な理由んは何があるのかをもう一度よく考えてみましょう。

離婚に必要な理由とは

家庭裁判所を利用して正式に離婚するためには、次の5項目にあてはまる理由が必要です。
配偶者が他の異性と不倫関係にあった場合には、離婚の理由として正式に調停を申し立てる事ができます。

また配偶者から悪意に遺棄された場合にも離婚の理由として正式に認められます。
ちなみに悪意の遺棄とは、夫婦として協力、扶助、同居といった義務を果たず、故意に放置することを示します。

その他にも配偶者の生死が明らかにされない場合、その期限が3年以上経過したら正式な離婚の理由として認められます。
また配偶者が郷土の精神病にかかり回復の見込みが見られない場合や夫の暴力、ギャンブルや浪費癖、(枕を交わす)レスや犯罪によって長期懲役なども該当します。

離婚理由で最も多い性格の不一致は?

全離婚件数の中で最も多い離婚理由に、性格の不一致というものがあります。
夫や妻との価値観が合わない、教育方針の違いや食べ物の趣味、ファッションなど様々な意見の食い違いを感じているということから離婚を決意する夫婦も多いようです。

性格の不一致という問題は、男性、女性いずれからも多い離婚の理由にあげられていますが、正式な離婚理由としては認められていないものの、これら原因で婚姻関係が破綻しているという証拠が明らかな場合には、離婚理由として認められるケースもあります。

子どもの教育方針をめぐり日々意見が対立している場合や、教育について夫と話し合いを持つ度に大声で怒鳴られ、精神的なダメージが大きいと感じているという状況にある場合には、離婚の理由になります。

離婚理由として認められるものに、婚姻関係を破綻させるだけの重大な事由という項目があります。
個々のケースに応じて、裁判の進め方、証拠の準備、等に違いがありますので、事前に相談するようにしましょう。

家庭裁判所にある家事相談でも無料にて相談を危機受けてくれる人もいますがし、弁護に依頼すると代理で処理をおこないますので、相手と顔を合わせることなく、スムーズに話し合う事がdえきるでしょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事