「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

調停離婚と裁判の違い

夫婦関係がすでに破綻しているにもかかわらず、一方が離婚に応じない事で、形式上夫婦を演じている男女がいます。
協議離婚の場合、双方の合意が必要となりますので、片方が離婚を拒否した場合には、それぞれの道を歩む事は困難となります。

協議離婚以外で離婚を成立させるためには、調停離婚や裁判離婚といった方法があり、裁判所に調停の申立や離婚を訴えることで離婚に向けての話し合いを進められます。

しかし協議離婚以外の方法で、離婚を進めるというなると、なんとなく事が大きくなるのではと不安を抱えている人が多く、婚姻生活が破綻しているにもかかわらず、次の一歩を踏み出せずにズルズルとした関係を続けているといったケースも少なくありません。

一人で悩んでいると状況は悪くなる一方です。
調停離婚を誤解している方が非常に多いようですが、離婚裁判と全く異なりますので、協議離婚によって離婚についての話し合いが進まないと悩んでいる方は、調停離婚について理解を深めるようにしましょう。

調停離婚は、裁判ではない

協議離婚というのは、夫婦が離婚に向けて前向きに検討し、慰謝料や財産分与、親権問題や養育費などの金銭的な問題も含め全ての取り決めがスムーズに進むことで離婚が成立します。

しかし親権者が全く決まらない、財産分与に問題が生じているといった場合には、二人だけで離婚に向けた話し合いがまとまらないケースがあります。

その場合、調停離婚といった方法を取る必要があります。
裁判所に調停の申立を行うことで、裁判所の調停員がこじれている離婚問題を整理し、離婚に向けた様々な話し合いを進める役割を担っています。

裁判の場合は、裁判官の判断によって強制的に判決がおりますが、調停離婚には、法的な強制力は一切ありませんので、最終的に互いの合意が求められます。

当事者同士では解決出来ないような難しい話し合いの場合、調停委員を間に入れ、話をまとめる事ができますので、互いに顔を合わせずに離婚に向けた話し合いが可能となります。

離婚をすると決めた夫婦には、深い溝が出来ている事が多く、顔を合わせた瞬間に感情的になり、冷静に話が出来ない状況があります。

調停離婚では、感情を移入せず、冷静な対応が出来るようになるのが良い点だと言えます。
しかし先にも述べたように法的な強制力はありませんので、離婚を決意するのはやはり双方の納得があったこそ成り立つのです。

調停離婚で破綻している婚姻関係を修復出来る

調停を申し立てたからといって必ずしも離婚をする必要はありません。
調停委員となっている人は、夫婦間に生じている問題を整理し、冷静に判断できるよう状況を整える事が役目となります。

裁判官のように法律に精通しているというわけでも強制力もありませんが、それぞれの抱えている問題を冷静に双方に伝える事ができるのです。

これまで夫婦だけで感情的に話していた内容が、一つ一つ糸がほぐれるように解決していきますので、稀に破綻していると思われた関係が修復へと向かう場合もあると言われています。

現在離婚に向けての話し合いがこじれている、感情的になってなかなか話が進まないという場合は、一度裁判所で調停に関する相談をしてみるのはどうでしょうか。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事