「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫が離婚の請求に応じてくれない場合はどうしたらいいの?

価値観の違いや性格の不一致が原因で離婚をしたいのに、夫が離婚に応じてくれないというケースがあります。
夫婦が離婚について合意し、離婚届書に必要事項を記入そしてサインと捺印があれば、正式に離婚が認められます。

しかし夫が離婚に応じてくれない場合には、当然夫婦だけの話し合いで解決出来ませんので、家庭裁判所へ調停を申し立てる必要があります。

ただ家庭裁判所へ離婚の調停をするくらいですから、離婚の明確な理由が求められます。
この場合、性格の不一致が価値観の違いというのが理由になっているようですが、場合によって離婚の理由として認められないケースもあるようです。

離婚の理由として認められているもの

家庭裁判所で離婚問題を話し合う場合には、はっきりとした離婚の理由が求められます。
例えば、夫もしくは妻に不貞行為の事実があった場合、配偶者の生死が3年以上不明になっている場合、精神病を患い、積極的に治療をこころみたものの回復の見込みがないと判断した場合、生活費を入れない、家に戻らないなど悪意の遺棄がある場合等が離婚の理由として認められています。

さらに婚姻生活を継続しがたい重大な事由があった場合も、離婚の理由として認められますが、性格の不一致や価値観の違いといった問題を考える場合、婚姻生活を継続しがたい重大な事由にあてはまるかどうかがポイントとなるでしょう。

性格の不一致や価値観の違いを離婚の理由とする場合

離婚理由で最も多いと言われている性格の不一致や価値観の違いですが、暴力や不倫といった問題に比べると様々な問題が複雑に絡み合っている為、離婚の理由としての判断し難いところです。

この場合、性格の不一致や価値観の違いが原因で、夫婦関係が破綻していると証明できた時には、離婚の理由として認められる事があります。

例えば、子どもの養育については、意見が食い違い、毎日喧嘩が絶えない、夫に子どもの躾の事を相談するといつも怒鳴られてしまうなどの状況があります。

仲の悪い状態がいつまでも続くと、次第に夫婦としての会話も減り、顔を合わせば相手を罵るような言葉ばかりを言い合うようになるという状況は、婚姻関係を継続し難い重大な事由として、離婚の請求が認められることもあります。

家事相談を利用してみよう

夫婦ふたりだけで離婚についての話し合いがスムーズにいかず、離婚の話し合いが深刻になっている場合は、第三者に相談するのも一つの方法です。

二人では、解決という出口が見つからないことも見方をかえれば意外と簡単に事が進む場合もあります。
協議離婚が成立しない場合には、家庭裁判所へ調停を申し立てると思います。

家庭裁判所には、家事相談というところがありますので、調停を申し立てる前に、一度相談してみるといいでしょう。
相談したからといって、必ずしも調停をしなければいけないというわけではありませんので、気軽に活用してみましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事