「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

性格の不一致を理由とする離婚は認められるでしょうか。

離婚を経験している方の離婚原因を調べてみると最も多かったのが、性格の不一致という問題です。

協議離婚の場合は、特に離婚の理由などは求められないことから、どんな理由であれ、離婚を成立することができます。

しかし双方の合意が得られない場合に限り、家庭裁判所へ調停、審判、裁判といった手段が必要となるのです。

家庭裁判所で、離婚問題を解決するときには、必ずそれなりの理由が必要となるのですが、性格の不一致は、離婚の原因として認められない事があります。

性格の不一致が離婚原因として認められない理由

離婚の理由で最も多い性格の不一致ですが、なぜ離婚の理由として裁判では、認めてもらえないのでしょうか。

それは、性格の不一致というものには、その他にも多くの原因が複雑に絡んでいると考えられるからです。

さらに多少性格の不一致があったとしても互いの協力が得られれば、円満に結婚生活を維持することは可能で、実際にそういった夫婦の形は多いのです。

裁判で問題となるのは、性格の不一致が果たして婚姻を継続し難い重大な事由という民法770条に該当するのかという点です。

つまり性格の不一致によって、夫婦関係を破綻させ、すでに修復不可能な状態になっているのかどうなのかという所がポイントとなります。

例えば、夫から性格の不一致が原因による離婚請求を提起したという裁判において、裁判官がこれは夫の我がままに過ぎないとして離婚請求を却下した例があります。

ただ、控訴審では、夫婦破綻の最大の原因が、生活観や人生観などいわゆる性格の不一致にあると認め、夫の離婚請求を認めたというケースもあります。

性格の不一致は、結婚生活を継続できないほど重大とした判決であって、今後もこのケースの離婚が増えてくると思われます。

性格の不一致が原因の離婚事例について

最近では、子どもの教育方針をめぐり夫婦の意見が対立することが多々あります。

声が大きく怒鳴ってばかりの夫の場合、妻は子どもの教育の事で話し合いをする度に心臓に大きな負担をかけ、精神的ダメージを受けているとし、離婚訴訟を提起、妻の訴えを認めたケースもあります。

夫にしてみれば、子どものために一生懸命になっているからこその態度なのに、なぜ離婚を請求されないのかと納得ができない場合もあるようです。

性格の不一致が原因の離婚は、その他にも数多く発生しています。

どのケースが認められ、どのケースが棄却されるのかは全くわかりませんが、夫婦関係がそれにより破綻、もしくは継続し難い重大な事由であると立証できれば、離婚請求を認めてもらえるでしょう。

最近多くなっている熟年離婚のまさに性格の不一致という問題が多く、今後もこの手の裁判は多発すると考えられます。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事