「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

女装癖は離婚理由として認められる?

恋愛関係にあるときには、全く気が付かないことも結婚し、同じ屋根の下で生活をしていると、次第に相手の癖や異常な行動が見えてくると思います。

夫婦という関係ですから、少々の事は受け入れる覚悟がなければいけないのですが、離婚を決意するほど我慢のできないような癖や行動がある人は、意外と多いのではないでしょうか。

その為離婚の原因は、夫婦の数によっても様々ですが、中には、夫の女装グセが原因で離婚をしたいと希望している方もいます。

女装グセの夫との協議離婚

協議離婚とは、夫婦が合意の上で、離婚を決断しますので、離婚理由などは特に必要ありません。
市町村役場にある離婚届書に必要事項を記入し、サインと捺印をするだけで、正式に離婚をすることができるでしょう。

夫の女装グセが許せないという理由であったも問題はありませんが、相手も離婚に合意していなければなりません。

女装グセの夫との調停、裁判離婚

女装グセのある夫に離婚をもうしでても、全く応じてくれない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てなければなりません。
協議離婚と違い、家庭裁判所に調停を申し立てるのであれば、それなりの離婚理由が必要となります。

では、この場合の夫の女装グセは、立派な離婚原因にあたるのでしょうか。
このケースのポイントは、夫が女装することが夫婦関係の破綻に及んだがという点になるでしょう。

一般的に離婚の原因というのは、5つほどあるといわれており、その中の一つが婚姻を継続しがたい重大な事由にあたるかどうかというのが判断のポイントになるようです。

夫が女装する度に妻は、やめるように何度も注意をしたが、夫に聞きれてもらえず、その度に喧嘩が耐えなくなった場合、夫婦関係の修復は難しいと判断されると思われます。

つまり婚姻を継続しがたい重大な自由にあたると判断されますので、立派な離婚理由として調停を申し立てる事は可能です。
女装以外にもギャンブル依存やアルコール依存という場合もこれに当てはまります。

人には、色々な趣味や癖というものがありますが、離婚問題が需要となるのは、そのことが原因で夫婦の関係が破綻してるのかということがどのように立証できるのかというところにあります。

離婚までの流れをまとめてみよう

夫が女装することに我慢できず、すでに夫婦の関係が破綻しているという場合には、夫に離婚の意思を伝えるようにしましょう。
調停や裁判を行う前に、まず夫婦の合意が得られるかどうかが必要です。

話し合いの上、一方が離婚に同意しないと回答した場合には、家庭裁判所の調停・審判・裁判という段階を経て離婚問題を解決していきます。

ただ裁判ともなると公の場で公開されることとなりますので、夫は、女装をしているというプラベートが他の人に知られる事となりますので、覚悟を決めるようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事