「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

慰謝料の相場はいくら?

夫の不貞行為などが原因で家族がバラバラになってしまうのは、本当に辛いですよね。
夫にはもちろんですが、不倫相手の女性にも腹が立ってしょうがないでしょう。

不貞行為が原因で離婚という決断をした場合には、ほとんどの方が慰謝料の請求を行うと思います。
ただ慰謝料の金額は、人によっては、安いと感じられることもありますので、金額の決め方や相場について事前に理解しておくようにしましょう。

どのような状況で慰謝料は発生するの

離婚の時に発生する慰謝料とは、精神的な苦痛を感じた相手に対する損害賠償として支払うお金の事を示します。
正式名称は、離婚原因慰謝料という呼び方で、すべての離婚に対し、慰謝料が発生するわけではありません。

慰謝料が認められる場合とは、配偶者の浮気や不倫、肉体的、精神的な暴力、生活費を渡さないなどがあります。
逆に認められない場合とは、性格の不一致や夫婦いずれにも不倫の事実が明らかにされた時、夫婦の関係がすでに破綻していると分かっている場合の不貞行為等があります。

慰謝料ってどうやって決まるの?

では慰謝料の金額は、どのような計算方法で決まるのでしょうか。
人が受ける精神的な苦痛とは目に見えるものではありませんので、金額については夫婦のあり方によっても違います。

例えば慰謝料が発生する状況で、相手の収入や婚姻期間、子どもの有無や資産などの総合的な面を考慮した上で金額が決定されます。

協議離婚の場合は、双方の話し合いのもとで金額を決める事ができますので、不倫をしたのは自分が悪いと反省している夫は、妻の要求を全面的に受け入れるとおもいます。

しかし不貞行為をしたのは妻にも問題があると批判的な態度をとっている夫からは、満足できる慰謝料を受け取る事はできないでしょう。

慰謝料の相場って?

相手の収入や子どもの有無等が考慮されますので、平均的な数字というものを表す事は難しいですが、これまでの例から考えると不貞の場合には、100万から150万、悪意の遺棄の場合は50万から300万、精神的な虐待や暴力などは、50万から500万といった事例があります。

慰謝料を決定する最大のポイントは、相手の収入となりますので、例えば有責配偶者の年収が500万の場合を考えると慰謝料は400万ともいわれているのです。

ただ人によっては、自分の受けた苦痛はこんなもんじゃないと反論する人もいるかもしれませんね。
また芸能人など社会的影響力の大きな人の場合は、数千万以上とも言われていますので、それぞれの立場、環境、状況によって大きく違うということは覚えておきましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事