「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

協議離婚の際にかかる費用

夫婦関係がうまく運ばず、将来的に離婚を考えているという場合は、離婚をするにあたってどのくらいの費用が必要なのかを事前に理解しておくようにしましょう。

まず離婚といってもいろいろな方法がありますが、一般的に行われている離婚は、協議離婚というものです。
協議離婚は、夫婦互いの合意の元で、離婚を進める方法で、各市町村に離婚届けを提出することで離婚が成立します。

この場合、互いに離婚に前向きで、何一つ問題なく、書類に捺印、署名をするというのが、最低限の条件となります。

協議離婚にかかる必要とは

通常、協議離婚に必要な書類については、離婚届けというものがあり、各市町村で受け取る事ができます。
市町村で発行している離婚届けは、無料となっていますので、特に費用が発生するわけではありません。

協議離婚とは、夫婦であることに問題を感じている男女が、婚姻関係を解消する一般的な方法となりますので、どちらも離婚に反対していない場合は、スムーズに手続きを進める事ができるでしょう。

また二人の間に子供もなく、特に大きな財産分与もない場合には、特別な書類等を作成する必要もありませんので、一切に費用を発生することなく、市町村に書類を提出することで、晴れて離婚を成立させる事ができます。

公正証書を作成する協議離婚について

協議離婚とは、夫婦であった二人が合意の元で離婚をする方法で、大きな費用を出費しないのが特徴の一つですが、公正証書などを作成する場合には、5千円から5万円程度の手数料が必要となります。

公正証書を作成する理由については、離婚後何かしらのトラブルを避ける為、法的効力を持つ書類を残しておくためだと言われています。

例えば、慰謝料や財産分与、養育費といった金銭の支払が協議離婚によって発生した場合などには、公正証書が重要な役割をしめします。

口約束の場合、離婚後支払いが滞ったり、金額に違いがあった場合には、確実にトラブルに発展します。
その場合、法的な効力を持っている公正証書を残していると、法的に訴える事が可能となり、支配を要求する事ができるのです。

このように公正証書というのは、トラブルを事前に防ぐ大切な書類ですから、協議離婚で金銭の支払いが発生した場合には、口約束で離婚の準備を進めるのではなく、しっかりと記録を残しておくようにするのがおすすめです。

公正証書はどこで作成するの

公正証書は離婚協議書とも呼ばれていますが、離婚準備期間中に作成するのが一般的です。
離婚後のトラブルを避けるために必要となり、特に弁護士や法律の専門家を必要とせず個々で作成することが可能です。

実際に協議離婚によって離婚をしている夫婦のほとんどが、個々で離婚協議書を作成しているようですが、個々で作成した離婚協議書については、間違った作成の方法の場合、トラブルが発生した時に法定な効力を失う危険性もあります。

公正証書、離婚協議書を個人で作成する場合には、専門書籍やインターネットなどの情報を参考に、正しく作成するようにしてください。

自分で作成するのが心配な場合には、弁護士や専門家に依頼する方法があります。
ただし、作成手数料が発生しますので、予め相談し、どのくらいの費用がかかるのか調べておくようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事