「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚後慰謝料がもらえないってどういう時?

夫の不貞行為や暴力等が原因で、離婚という決断に至った場合、妻が受けた精神的苦痛に支払われる損害賠償に慰謝料というものがあります。

妻が夫に対し慰謝料を請求し、双方が合意、もしくは裁判で慰謝料の支払い命令が下された場合には、離婚後に金銭を受け取る事ができます。

しかし中には、慰謝料も養育費も一切受け取れないケースもありますので、お金のトラブルを避けるためにも離婚の際に必要な知識を習得しましょう。

離婚後にお金のトラブルに巻き込まれないためには

そもそも慰謝料とは、精神的な苦痛に対する損害賠償のことです。
つまり夫の不倫、暴力が原因で離婚するに至った場合、妻が受ける精神的苦痛です。

となると性格の不一致という離婚の原因では、慰謝料は発生しないというのです。
性格の不一致という離婚原因は、離婚全体の中で最も多い理由の一つですが、問題が複雑に絡み合っていることで、一方に原因があるとは考えにくく、精神的な苦痛を感じると評価するのは難しいと言われています。

その他にも妻も夫も不倫や不貞行為の事実があって、双方に有責責任の行為があると判断された場合でも慰謝料の請求は認められません。

また夫婦関係が破断しているというのは明らかな場合の夫の不貞行為の事実に対しても慰謝料の請求が認められるとは考えにくいようです。

慰謝料請求には期限が定められている

慰謝料はすべての離婚原因に対し、請求出来るものではないということが理解できたと思いますが、その他にも慰謝料の請求ができるものの、慰謝料が支払われないケースもあります。

それは慰謝料の請求の期限を過ぎた請求の場合です。
つまり慰謝料を請求するためには、離婚成立の日からおよそ3年という期限が定められており、その時期を過ぎると時効をむかえます。

時効になってから慰謝料を請求しても認められるとはありませんので十分に注意し速やかに手続きを取るようにしましょう。
例外として、慰謝料の請求に時効があったことを全く知らなかった、もしくは知らされていなかったという場合については、6が月の期間を延長して請求できるものとしています。

3年もあれば余裕で請求できると悠長に構えている人もいますが、離婚成立後の3年という期限は、意外とあっさりと過ぎてしまうものです。

しかも話し合いがスムーズに進まない場合には、3年で決着がつかない場合もあります。
離婚後に確実に慰謝料をとるためには、離婚を成立させる前に話し合いを持つようにしましょう。

ただ人によっては、離婚したくないがために、慰謝料の請求に応じなかったり、慰謝料を払いたくないからと離婚後話し合いに応じないといったケースもありますので、話がこじれそうな場合は、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事