「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚時の年金分割の3号について

離婚時に得られる年金分割といってもその種類は2つあり、その一つに平成20年施行の3号について考えて見ましょう。

平成20年施行の年金分割の3号について

平成20年に施行された年金分割とは、専業主婦などの3号被保険者が施工後、平成20年の5月以降に離婚した場合は、婚姻期間中の配偶者の年金の半分を強制的に得られるというものです。

平成19年との離婚時の年金分割制度の大きな違いは、強制的に年金分割ができるという点です。
これまでは、夫婦の合意が無ければ分割の手続きを進めることはできません。

しかし平成20年4月に施行された年金については、夫婦での話し合いの手間がなく、請求のみで分割が自動的に行えるというものです。

事実婚でも3号分割の請求はできる

3号分割についての良い点は、強制的に請求できるというものだけではなく、入籍をしていない男女でも請求ができるという点です。

つまり厚生年金加入者で配偶者の扶養家族となり、3号被保険者の届けがあれば、婚姻期間中の年金が強制的に分割ができるというものです。

事実婚と言われている男女の関係でもこの考えは適用されますが、2年という時効があり事実婚を解消した時からカウントされます。

離婚とは違い、婚姻関係が正式にありませんので、事実婚を解消したという状況は、一緒に暮らさなくなったという証明ができれば問題ありません。

ただ事実婚は書類等で証明する事はできまんので、婚姻期間中を証明するために、住民票を一緒にするなどの手続きは必要です。
しかし将来の事実婚解消のためにこのような準備をする人は、いないと思いますので、実際に事実婚の期間を証明するのは、大変厳しいと言われています。

年金分割の問題点について

年金分割の制度改正によって、熟年離婚を決意する方も多くなっていると言われています。
これまでとは違い、専業主婦でも年金を大目に取得できるようにはなっていますが、年金分割には、多くの問題が山積みです。

例えば、相手が障害年金の受給権者の場合は、請求出来ません。
ただ夫婦の合意があれば可能性はゼロではありませんので、専門家に相談してみるといいでしょう。

逆に自分自身が障害年金受給者の場合も注意が必要です。
年金分割の手続きをしたものの、年金額が減額されるケースも少なくありません。

離婚時の年金分割だけをあてにせず、新しく誕生した年金についての知識を増やし、メリット・デメリットが分かるようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事