「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

正しい年金分割制度とは

少し前に熟年離婚を話題にしたテレビドラマがありましたが、これを機に熟年離婚という言葉が注目されるようになっています。
国内における離婚率は、年々増加していますが、厚生労働省の人口動態統計の年間の離婚推移をみると、わずかながら、熟年離婚の数が増加しているという実態があります。

その背景には、離婚時の年金分割が大きく影響していると言われていますが、年金だけで老後の安定した生活が確保できるとは到底考えれませんので、熟年になってからの離婚は、十分検討した上で行うようにしましょう。

平成19年4月以降にスタートした年金分割制度は、離婚後にもらえる女性の年金が、夫の年金の一部を上乗せできるもので、これを機に熟年離婚という決断をしている人もいるようです。

統計による、離婚時の年金分割が始まった平成19年4月の離婚件数は、前年同月と比べると約6%増加しているのです。
少なからず熟年離婚に影響を及ぼしていると思われる年金分割制度とは一体どのようなものか調べてみましょう。

これまでの年金制度を見ると、家事や育児を支えている女性は、当然収入が少なく支払う保険料の金額も少ないですから、受け取る年金の金額も当然少ないはずです。

しかし夫は、身の回りの世話をしてくれる妻のおかげもあって、安心して外で働くことができ、その結果十分な年金をもらう事ができます。

これでは、夫のために長年頑張ってきた妻には、何ら評価されないものと不満不平の声が多発、それを受けて今回の年金分割制度がはじまったと言われています。

ただし、年金分割を受けられるのは、離婚時ではなく、自分自身が年金を受け取れるような年齢に達してからです。
離婚時にとられる手続きは、あくまでも保険料の納付記録の分割となりますので、注意をしましょう。

さに国民年金は、分割の対象外で、分割されるのは、老齢厚生年金だけとなります。
つまり婚姻期間中に厚生年金を納めた経験がない人、個人事業主の妻の場合は、例え専業主婦であっても年金分割は適用されません。

このように年金分割については、いろいろな取り決めがありますので、正しい知識を得ておくようにしましょう。

年金はすべて分割の対象になるというのは間違い

どんな年金に加入していてもすべて分割の対象になると思っている人は、誤った知識を得ている可能性があります。
年金分割の制度が適応されるのは、厚生年金だけとなり基礎年金や国民年金は対象外です。

また厚生年金は、婚姻期間中のみが対象となりますので注意をしましょう。
例えば、結婚6年目で離婚を決意した場合、夫の厚生年金の加入期間6年のうちの最高半分を受け取る事ができるのです。

離婚後の年金分割で多くの方が勘違いしている事に、夫の厚生年金の最高半分が全部もらえると思っていることです。
あくまでも婚姻期間中だけが対象となりそれ以外の期間は省かれて算出されます。

夫の年金だけが、分割の対象となるのも間違い

年金分割制度は、夫の年金だけが対象となり、離婚後の年金分割制度が適用されると思っている人も多いようですが、妻の年金総額が夫を上回った場合は、稀に妻の年金が分割されます。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事