「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

90%以上が協議離婚を選択

一言で離婚といってもその種類は様々です。
ただ、全離婚件数の中で、約9割以上にあたる人が協議離婚という手段で離婚を成立させているのです。

多くの人が選択している離婚方法でもある協議離婚とはどのようなもので、何を準備し、何に注意をしたらいいのかを事前に確認し、協議離婚を有利に進められるようにしましょう。

90%以上の夫婦は、協議離婚を選択

離婚する夫婦の90%以上が協議離婚を選択しています。
他にもいろいろな離婚の形はありますが、なぜこんなにも多くの人が協議離婚を選択しているのでしょうか。

協議離婚とは夫婦が話し合い、互いに離婚についって合意していれば、他に要件は必要なく離婚をすることが可能です。
離婚するまでには、とてもたくさんのエネルギーを必要とします。

特に離婚に関して一方が拒否している姿勢を見せると、スムーズに話を進める事ができず、更にエネルギーを消耗してしまうでしょう。

協議離婚は、数ある離婚の手段の中でもエネルギーを消耗せず、問題を解決できる手段であると考えられます。

郵送でも離婚届けを提出できる

協議離婚の場合は、双方の合意のもとで書類を作成できますので、それぞれの署名と捺印、証人の署名と捺印さえ準備できれば書類の届出に関しては、代理人もしくは郵送でも受付を行う事ができます。

ただし、本籍地以外の役所に書類を届ける場合には、離婚届け2通と戸籍謄本が必要となりますので、予め準備しておく必要があるでしょう。

その他にも未成年のお子様が二人の間にある場合は、親権者を決めなければなりません。
離婚届けに署名する前に、誰が親権者になるのかを相談し、記載欄に親権者名を記入しなければ、離婚届けを提出することは不可能となります。

取り決める内容については離婚協議書に記す

協議離婚の場合、双方の合意のもとで話し合いが進められますので、口約束になる事が多いのが現状です。
しかし子どもの養育費や慰謝料、財産分与などの金銭のやり取りが発生する場合には、離婚後トラブルになる事もありますので、記録を残す事は必須です。

離婚後にトラブルになりそうな事柄はすべて記録し、書面に残しておく事で、トラブルを予防することができます。
特に毎月発生するであろう慰謝料や養育費などは、支払いが途中で止まってしまう場合が多く、離婚後に発生するトラブルで最も多い内容となっています。

新しい人生を歩むために選んだ離婚であるにもかかわらず、離婚後にいつまでも解決しないトラブルを引きずっていては、子どものためにも良い環境とはいえません。

離婚後スムーズな生活をおくるためにも、必ず離婚前に決めた内容については記録し書面に残す事が重要です。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事