「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

財産分与問題の泥沼を避けるためには

財産分与方法の取り決めの手順について

離婚が決まったら、婚姻中に築きあげた共有財産の分割について話し合う必要があります。
まず先に行う事は、財産目録の作成です。

ただ財産といっても財産分与できるものとそうでないものがありますので、どのようなものが対象になるのかピックアップしてみるといいでしょう。

一般的に財産分与の対象となるので、婚姻期間中夫婦が築き上げたもの、例えば、不動産等家や土地、その他車や家具、預貯金や現金、保険などとなります。

そのほかにも住宅ローンも財産分与の対象となり最近多いのが、ペットの存在です。
夫婦で可愛がっていたペットをめぐってもトラブルが発生していますので、離婚の際の話し合いに入れておくようにしましょう。

財産目録が作成できたら、それぞれについてどのくらいの価値があるのかを検討し、どのような割合にするのか検討して行きましょう。

例えば、離婚後、すぐに収入のあてのない妻と子どもの居場所を確保するため、家や土地、車などは妻に分割、その他の預貯金や保険等々は、夫が分割するという方法もあります。

名義人が夫、または妻であった場合でも関係なく、平等に分割されるのが一般的です。

財産分与時の不動産の評価方法について

金銭と違い、家や土地については、評価そのものが難しくなります。
ただ財産分与で、泥沼の状況に陥らないためにも明確な価格を示す、評価を出してもらう必要があります。

なぜなら土地や建物といった不動産は価値が重要で、それによっては、財産分与の際に争いが起きる可能性はあります。
明確な評価を算出した上で、不平不満がないようにしてください。

不動産鑑定士という資格を持っている方によって、家の評価をしてもらうと明確な話し合いが可能となります。
ただし、不動産鑑定士による評価を求める場合は、ある程度の費用がかかりますので、予めどのくらいの予算が必要なのか調べておきましょう。

財産分与で、離婚後のトラブルを避けるためには、確実な不動産評価額を出しておくのば良い方法です。

住宅ローンが残っている場合の財産分与について

財産分与とは、プラスの金銭というイメージがありますが、マンションや一戸建てのローンも対象になります。
例えば、不動産に抵当権がなければ、財産分与の対象となります。

ただローン付の物件の場合は、不動産と借金の両方を背負うこととなりますので、良く考えて分割するようにしましょう。
通常ローンが残っている物件を財産分与する場合は、不動産を売却し、残ったお金を分与の対象にするという方法をとっているようです。

その他にも住宅ローン付きの物件についての財産分与の方法はありますので、専門家に相談してみるのが一番よい方法だと思います。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事