「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

財産分与と税金の関係について

夫婦関係が破綻し、離婚という決断を選択すると、夫婦でこれまで築き上げてきた財産はどうなってしまうのでしょうか。
二人が共有している財産ですから、出来る限り平等に分与する必要があります。

話し合いによって簡単に割合を決められるものもありますが、中には、税金等が絡むことで、簡単には分与できないものも存在します。

問題が難しくなった場合、多くの人は、財産分与の手間から逃れたい一心で、放棄する人もいますが、財産分与で得たものは、離婚後の生活を大きく左右しますので、1つずつ確実に処理するようにしましょう。

夫婦二人で話し合いを持つことがベストですが、双方の合意が得られない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てたり、裁判を提起することもできますので、一つ一つ段階を経て精算できるようにしましょう。

財産分与の税金の関係について

離婚した場合には、夫婦の共有財産を分与する制度があります。
土地や建物、車や家財道具などがありますが、財産分与されたものには、原則税金はかからないものとしています。

一般的にお金が動けば必ず税金が発生しますが、夫婦の共有の財産の精算という性質を考えた場合には、税金をかけるのは、間違っているとし、一部を除いては、非課税になっています。

ただ、すべてのものに対し、税金が発生しないというわけではありませんので、財産分与と税金について詳しく考えてみましょう。
原則税金がかからないと言われている財産分与ですが、不動産や株券の財産に関しては、一部税金が発生します。

財産分与の不動産には税金が発生する

原則夫婦共有の財産を生産する財産分与には、税金はかからないといわれていますが、不動産の名義変更や慰謝料として土地や建物を受け取った時にも税金がかかります。

例えば、不動産譲渡所得税や不動産取得税、その他登録免許税等が課税となっていますがそのうち不動産譲渡所得税については、軽減処置がありますので高額な財産を所持している場合には、注意して処理するようにしましょう。

不動産の財産分与で発生する譲渡所得税について

離婚の際の財産分与で発生する譲渡所得税について詳しい内容を理解しておきましょう。
婚姻期間中に土地や建物を所有する夫婦は非常に多いと思いますが、離婚の時にこれらを精算する場合、税金が発生します。

財産を分与した方に対する譲渡所得税とはそもそも、どのような税金か説明をすると、所得価格から売却価格を差し引いた金額に対し発生する税金です。

しかし離婚の時には、売却というものは発生しませんので、不動産を譲渡する場合には、特別控除が利用できます。
3000千万円までは税金がかかりませんので、それほど心配する必要はないでしょう。

ただし、離婚時の不動産時価があ3000千万を上回る場合は、税金が発生しますが、非常に稀なケースといえるでしょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事