「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚時にもらえる慰謝料とは

離婚の慰謝料とは

離婚の時に請求できる慰謝料とは、故意または過失による不法な行為によって、損害を受けた者が損害を与えた者に対する損害賠償金の一つです。

つまり精神的苦痛に対する代償として支払われる金銭の事を言います。
離婚の際に発生する慰謝料について考えてみましょう。

例えば、夫の浮気・不貞行為が原因で、夫婦の関係が破綻した場合に妻が受ける精神的な苦痛の損害を賠償するために慰謝料を請求します。

これからも分かる通り、慰謝料とは、夫婦関係において、何かしらの精神的な苦痛を受けた時に発生するものとなりますので、離婚の原因性格の不一致といった状況では、慰謝料が発生することも請求することもできません。

慰謝料と財産分与などを混同する方もいますが、全く違うものとなりますので注意をしてください。
さらに慰謝料の額についてもそれぞれの夫婦の原因によっても大きく異なります。

慰謝料を請求する期間について

慰謝料は、離婚をすると決めてからどのくらいの期間で相手に損賠賠償の請求を求める事ができるのでしょうか。
離婚届けに夫婦それぞれの捺印とサインをし、離婚届書が各市役所に受理されたら正式に婚姻関係を解消することができます。

この離婚成立の日から3年という期間で慰謝料の請求をしなければなりません。
定められた期間を過ぎてしまうと時効をむかえ、今後一切慰謝料の請求はできなくなりますので、注意をしましょう。

例外として、期限が過ぎてしまった場合でも慰謝料を請求できるのが、時効の事を知らなかった、さらに相手が支払う事を認めた場合には、慰謝料の受け取りが可能となります。

ただし、離婚の際に慰謝料の受け取りを拒否した場合や放棄した場合は、その後請求を求めても成立させるのが困難となりますので、軽い気持ちや勢いだけで、慰謝料の放棄をしないようにしましょう。

慰謝料は婚姻期間が長い程高額になる!?

慰謝料の金額については、それぞれの夫婦によって全く異なりますが、一般的に婚姻関係が長くなればなるほど、慰謝料が高くなることも考えられます。

離婚原因になっている不貞行為、その他離婚後の生活等々を考慮されますが、高齢になるほど慰謝料も高くなるという傾向があるのです。

その他にも相手の経済力、資力が大きいほど、慰謝料はグッと高くなりますので、芸能人など著名人の場合、慰謝料が数千万になることもあります。

平均的なサラリーマンの給与の場合であれば、100万以上が相場かも知れません。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事