「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

面接交渉に必要な親の心得とは

離婚という大人の都合によって、父親もしくは母親と別々の生活を強いられる子どもは、離れて暮らす親と月に1回会える面接交渉の日をとても楽しみにしていることでしょう。

かけがえのない大切な子どもと離れて暮らす親も同じ心境で、月1回の面接交渉の日を支えに、離婚という辛い状況を乗り越え、仕事を頑張っている親も少なくありません。

子どもにとっても離れて暮らす親にとっても、大変重要な意味を持つ面接交渉の日を、台無しにしないためにも、どのような事に注意すべきかを考えてみましょう。

面接交渉の際の親の心得

面接交渉とは、離れて暮らす子どもに会いたいという親のエゴを叶えるためにあるのではなく、離れていても自分の事をちゃんと見ていてくれると、子どもに親の存在を実感してもらうためにあるという事を忘れないようにしましょう。

子どもにとって、どんなに厳しい親であっても、かけがえのない存在であることに、変わりはありません
だからこそ自分にとって、絶対的な存在である親同士が喧嘩をし、争っている姿を見る事は非常に辛い状況なのです。

その結果離婚という道を選択し、家族がバラバラになってしまうという最悪の結果、精神的なダメージを受けているお子様はとても多いのです。

離婚によってナーバスになっている子どもにとって、面接交渉権は、必ずしも良い権利であるとは限りません。
子どもによっては、離れた暮らす親に絶対に会いたくないと頑なに面接を拒むケースもあります。

また暴力やギャンブルなどが原因で離婚をした場合、お母さんを苦しめた相手という印象が強いため面接させない方がいいと判断させる事もあります。

以上の事を心得え、子どもの事を最優先に考えて面接交渉権を利用するようにしましょう。

離れて暮らす親との面接交渉は大切

離れて暮らす親に会う事は、子どもの将来にとって非常に大きな意味を持ちます。
離婚という最悪の結果になったのは、現実的な問題として受け止めてもらう必要がありますが、親として、この先も何ら変わらず子どもの成長と幸せをずっと願っているという事を、肌で感じてもらうのが重要なポイントです。

なぜなら親の離婚を経験した子どもの中には、離婚の原因が自分にあると勘違いしている子どもや離れて暮らす親に捨てられたと判断する子もいると言われています。

そのような誤った考えを正してもらうためにも、離婚という辛い経験はしたものの、この先もずっと親であり続ける事は変わらず、誰よりも子どもの事を愛しているという事を伝えるようにしましょう。

この先この子が大きくなり、結婚して家庭をもつようになった時に、この面接交渉で与えた親の愛情というものが大きく影響してくると思います。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事