「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

親以外の面接交渉権について

離婚をするということは、家族がバラバラになるだけでなく、その家族を取り巻く環境にも大きな影響を与えてしまいます。
特に祖父母にとって、孫という存在はとても可愛く、待ちに待ったかけがえのない喜びでもあります。

ただ離婚という選択によって、これまでと変わらず孫に会えるとはかぎりません。

祖父母の面接交渉権とは

離れて暮らす親には、子どもと会う事が認められている面接交渉権というものがあります。
月1回何時から何時までは、子どもと同じ時間を過ごしてもいいと認められているものです。

祖父母にも面接交渉権があるのでしょうか。
残念ながら祖父母に対する面接交渉権は、認められていません。

ただ婚姻関係にあった時に、親に代わって、子育てをしていたという事実が証明できた場合にかぎり交渉権を認めています。
その他の状況では、二度と孫に会うことはできないのかというと、そのような事はありません。

祖父母が孫に会う事ができる条件としては、引き取る側の親の同意があれば、問題なく、会うことも年1回祖父母の家に泊まる事も認められています。

ただし、離婚協議書などに記録し、書面化しておくようにしましょう。
離婚しても、自分の事を多くの大人がサポートしてくれるという環境をつくる事はとても大切な事ですから、できるだけ祖父母との交流も行った方が良いと思われます。

面接交渉権が拒否されるケースとは

未成熟子の福祉を害することがない限り、面接交渉権を制限したり、奪われることはないと示されている面接交渉権ですが、認められない場合とは、どのような事を示しているのでしょうか。

未成熟子の福祉を害するというのは、離婚した元妻に対する暴力行為や復縁の脅迫、金銭の要求、さらに子どもに対して、別れた配偶者の悪口を言ったり、当然子どもの事を傷つける行為はもってのほかです。

その他、離れて暮らす親が子どもを引き戻すために、金品を渡したりなど子どもの教育上好ましくないと判断された行為をした場合には、福祉を害したと判断されますので、面接交渉権が制限もしくは奪われる事があります。

またこれまで問題なく、面接交渉を続けてきた場合でも子どもの事を考えて面接交渉が制限されることがあります。
例えば、子どもと生活をしている親が再婚した場合には、新しい配偶者と良い関係を築くために、離れて暮らす親と会う事が良くないと判断される事があります。

この場合、あくまでも子どもの気持ちを考えた上での判断ですから、再婚を理由に引き取っている側の親の意見だけで、面接交渉を拒否する事はできません。

ある程度成長した子どもである場合には、再婚をすることを話し、その上で、面接交渉に応じるのかを子ども自身で判断してもらってもいいかも知れませんね。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事