「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

父親が取得する親権について

父親が親権を取得するのは難しい?

一般的に子どもを引き取るのは、母親だというイメージがありますが、父親が子どもを引き取り育てていく事は、むずかしいのでしょうか。

裁判で親権を決定する場合は、父親の親権主張が却下されるケースが多いと言われています。
その理由については、正社員として仕事をしていると、どうしても定時刻に帰宅することはできず、休日出勤もないともかぎりません。

さらに仕事の接待が続くと、アルコールの飲酒率も多くなるはずです。
このような父親が子どもを引き取ってしまうと、誰の目からも見ても、子どもの生活全般を支えるのは、厳しいと思われますよね。

裁判官は、父親が子どもを引き取って、しっかりと育てて行きたいという意志は認めても、実際に育てるとなると食事の準備や洗濯、掃除、学校行事への参加、家庭の団らんなどを設ける事は難しいと判断し、親権取得を却下するのです。

父親であっても、子どもの世話が確実にできるという具体的な言い分があれば、親権を認め子どもを引き取る事は可能です。
例えば、父親の実家で、ご両親と生活をする場所へ子どもを引き取る場合は、親権取得が可能となるでしょう。

経済的にも安定し、おじいちゃんやおばあちゃんが健康で、常に家にいて、子どもの世話を徹底的に行う事ができる場合には、親権を却下する理由はありません。

しかしいくら経済的に恵まれ、世話をする環境が整っているといっても、離婚前の監護経過次第によっては、子どもの養育にふさわしくないと判断される場合もあります。

また子どもが母親と一緒に生活したいと主張した場合も、父親の主張が却下されます。

親権にまつわる問題は専門家に依頼しよう

親権を有利に獲得したい方は、親権に関する知識や経験が豊富な専門家に相談するようにしましょう。
特に調停や裁判となると、テクニックが必要となりますので、素人では有利に運ぶのは厳しくなるでしょう。

離婚の話が浮上し、親権問題が起きそうだと予想した場合には、離婚をする前から自分が子どもを育てるのに、有利な条件を整えておくようにしましょう。

これらの方法も専門家はこれまでの経験から良きアドバイスをすることができるでしょう。

親権は消滅する

子どもが成長し、成人を迎えると、親権は消滅します。
わざわざ親権消滅の手続きを行わずとも、自然と消滅するようになっています。

この他にも子どもの親権が消滅するのは、子どもが死亡した場合などとなっています。
さらに子どもが養子縁組をした時や養子と養親が離縁した時にも親権は消滅します。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事