「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

泥沼化する親権争いを解決する方法

「お金は一切いらないから子供は絶対に渡さない」なんてドラマの名シーンがあるように、慰謝料や財産分与とは異なる親権問題は、泥沼化する危険性が非常に高い問題です。

こればっかりは絶対に譲れないという強い気持ちがぶつかり合う親権問題を早期解決に進めるためには、どのような対処法が必要なのか考えてみましょう。

子どもに関する親の親権と義務

夫婦の関係が破綻しても、子どもとの関係は一生ものとなります。
切っても切り離せない親子だからこそ、絶対に離れたくないと考えるのは、どの親も同じです。

子どもを愛する気持ちは、父親も母親も同じくらい大きく、だからこそ話し合いに決着が付けられないのです。
離婚の意志そのものは合意しているものの、子どもの親権について全く解決できないため、一向に離婚の手続きが進まないという場合は、基本に戻り、頭を整理させましょう。

そもそも親権とは、親が子どもに関して持つ権利と義務のことで、親権を取得した者は、子どもの生活や教育、財産に関する権利や義務を持ち、法定代理人となる事ができるというものです。

親権者になったものは、離婚届けにも記載されますので、当然戸籍にもその内容が記されます。
親権と同じように扱われるのが、監護権です。

監護権とは、子どもを監護、教育する権利の事で親権と切り離して与えられる権利です。
親権者が監護権を兼ねる事が一般的ですが、親権問題で双方が親権取得を主張している場合、切り離して別にする方法を取る事があります。

監護権を取得できれば、戸籍上に名前が記載されることはありませんが、子どもを引き取り一緒に生活することができます。
いずれの権利も取得できなければ、この先一生子どもと会うことはできないという事ではありません。

両方の親には、面接交渉権という権利が与えられていますので、離婚後、子どもと定期的に面会することが可能で、それを拒否することはどの親であっても認められていません。

泥沼の親権問題をと監護権を切り離す場合

子供が15歳になるまでは、母親が引き取るケースが多いようですが、父親が引き取る場合には、母親の精神状態に問題があったり、教育上好ましくない経済力の乏しさ等が原因となっています。

しかし父親がどうしても親権にこだわり、母親が子どもと一緒の生活にこだわっている場合に限り、親権から監護権を引き離しそれぞれの親の言い分に対処する方法もあります。

監護権と親権を切り離した場合、父親が親としての義務を果たしたいという気持ちがより高くなりますので、養育費の未払い問題などを避ける効果も期待できます。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事