「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

親権について理解を深めよう

今後、子どもの親権について、配偶者と話し合いをする予定がある方は、親権取得に有利になるよう様々な知識を得ておくようにしましょう。

離婚と親権の関係について

子どもの養育や財産などを管理する親の権利のことを親権といい、離婚を決意した夫婦が、離婚届書に記載する重要事項となります。

親権は、親に親に与えられている権利ではありますが、子ども事を最優先に考えて、主張しなければなりません。
夫婦の関係は破綻したが、子どもにとって、どのような環境を確保したほうがいいのか、誰と生活をした方が離婚という精神的なダメージを軽減できるのかを考えましょう。

親の気持ちだけを主張すると、本当の親権の意味を見失ってしまいますので、子どものためにある制度であることを忘れないようにしましょう。

協議離婚で親権が決定出来ない場合は、家庭裁判所へ調停や裁判の申立を行う必要があります。
自分に有利な判決が下されるためにも親権の意味や目的等の理解を深めておくことが、親権を取得するためのポイントです。

調停や裁判の前に押さえたい!親権の基礎知識とは

離婚を決意したら、夫婦のいずれか一方が、親権を得なければなりません。
親権とは、身上監護権と財産管理権の2つの権利に分けられており、きりなはしてそれぞれの権利を得る事が可能です。

つまり父親も母親も親権の主張を譲らない場合には、様々な状況を考慮し、権利を受け持ちます。
また子どもが1人以上いる場合は、子どもの数に応じて親権者を決める必要があります。

ちなみに身上監護権とは、子どもの世話や教育、躾等、生活全般の面倒を見る事ができる権利で、子どもを引き取って育てたいという母親が取得するケースが多いと言われています。

一方で財産管理権は、経済的にゆとりのある父親が取得する事が一般的で財産を管理したり、未成年の子どもの法律行為を代理で行う権利が得られます。

離婚後の親権取得は母親が一般的!?

親権についての話し合いに折り合いがつけられれば、特に問題はありませんが、財産分与や慰謝料とは違い、両親が親権の主張を一歩も譲らないことから泥沼化しているケースがあります。

夫婦の問題は、家庭裁判所へ調停の申立をし、夫婦の間に調停員を立てて解決に向けた話し合いがはじまります。
親権問題が起きているからといって、すぐに裁判を行う事はできませんので注意をしましょう。

家庭裁判所で親権の話し合いをする場合、子どもの意見を考慮事項とした上で、親権者として誰がベストなのかが判断されます。
しかし男性の場合、仕事の都合で、これまでの監護経緯を確認しても、養育や生育に関わっていない事が多いですから、一般的には、子どもの食事の準備や洗濯、学校の行事などなどを積極的に行っている母親に権利を与える事がほとんです。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事