「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

3つの選択肢で戸籍問題を解決する

結婚や離婚といった場合に、戸籍の変更手続きが必要となります。
特に現在離婚を決意している方は、戸籍の変更等が重要となりますので、ある程度の知識を得るようにしてください。

結婚後の戸籍の取得方法

戸籍とは、夫と妻、そして未婚の子どもからなる家族を示しているもので、将来的に子供が結婚をすると、現在の戸籍から除籍され、新しく夫となる男性の戸籍に入る、もしくは、新しい戸籍を改めて作り、そこへ移動することになります。

我が国の法律の下では、夫婦は同じ姓、氏を称さなければならないという決まりがありますので、婚姻届を提出する場合には、夫や妻いずれかの姓を選択しなければなりません。

夫となる男性の姓を女性が名乗るというのが、一般的ですから、夫を筆頭者とし、戸籍を新しく設けます。
逆に妻の姓を名乗る場合には、妻が筆頭者となりますので注意をしましょう。

さらに夫婦の間に子供が授かった場合には、子供は当然両親の戸籍に入る事となります。

離婚後の戸籍と姓(氏)について

離婚という手段を選択することで、婚姻関係が解消されます。
その場合、戸籍や氏に変更がありますので、覚えておくようにしましょう。

婚姻によって、姓を改めた配偶者は、離婚によって今度は、戸籍を除籍しなければなりません。
離婚後の戸籍と姓の移動、変更の方法としては、次の3つの選択肢があります。

婚姻前の旧姓に戻り、婚姻前に所属している戸籍に戻る方法があります。
これは、結婚する前、つまり結婚届けを提出する際に除籍したご両親の戸籍へ戻るという方法です。

本来あった場所に戻すだけですから、特に難しい事はないでしょう。
ただし、ご両親がすでに他界している場合は、新しく戸籍をつくる必要がありますので、注意をしましょう。

次に結婚前の姓に戻って、なおかつ自分を筆頭者とする新しい戸籍をつくるという方法です。

最近多くなっているのが、婚姻の時の姓をそのまま称するつまり元夫の姓を名乗る為の戸籍の手続きをとる方法です
婚氏継続制度という方法で、自分を筆頭者とする戸籍を新しく設け、離婚届を提出したその日から3ヶ月の間に姓をそのまま名乗る為の手続きを行う必要があります。

離婚後に子どもの親権者となって、自分の戸籍に子どもを入れたい場合には、やはり自分を筆頭者とする新しい戸籍が必要となります。

氏や戸籍を決める時期について

離婚後の氏や戸籍の変更、移動については、一定の期間が定められていますので、その期間を超える事がないように注意をしましょう。

また離婚届書には、婚姻間の戸籍にもどるのかそれとも新たに戸籍をつくるのかを明記する欄が設けられていますので、場合によっては、離婚届けを提出するまでには、決断しなければなりません。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事