「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

性格が合わない相手と離婚する方法

結婚後、しばらくして「性格が合わないから離婚して」とお願いされたらあなたはどうしますか?
そんな事言われたら本当にショックですよね。

しかし本当にそのような理由で離婚することができるのでしょうか。
離婚原因で、最も多いと言われている事に、性格の不一致というものがあります。

万が一、結婚相手から突然「性格が合わないから離婚して欲しい」と言われた場合、離婚に応じなければいけないのか、考えてみましょう。

離婚の方法は2つある

離婚をするためには、大きくわけて2つの方法があります。
互いが離婚に対し前向きに話し合い、合意した上で離婚届けを提出する協議離婚というものがあります。

これは、一般的な離婚のケースの一つで、双方に離婚の意思があって、かつ各市町村へ提出する離婚届けの書類が正式に提出されることで、離婚が成立します。

相手に「性格が合わないから離婚して」と言われたとしても、片方には、まだ相手の事を好きという気持ちがある場合は、双方に離婚の意思があるとは認められず、さらに各市町村へ提出する書類へサインができませんので、提出する事も不可能となります。

協議離婚の場合、離婚をしたくない人にとっては、有利に働く事がありますが、どうしても離婚をしたいと考えている側にとっては、性格が合わない相手と同じ空間で、この先の人生をずっと暮らせなければならないのかと考えると苦痛でしかないでしょう。

性格の不一致を理由に離婚する方法とは

では、性格の合わない配偶者と、どうしても離婚をしたいと考えている側にとっては、どのような方法であれば離婚の手続きを進める事ができるのでしょうか。

協議離婚が不成立に終わった場合には、強制離婚という手段がとられます。
強制離婚という手段で、離婚を認めてもらうためには、まず訴訟を提起する前に調停の手続きをしなければなりません。

ここでいう調停とは、裁判官と調停委員という立場にある人が、離婚をしたいと考えてる夫婦の間に入って、話し合いを行う制度のことをいいます。

強制離婚を申し出た夫婦の半分以上が、この調停の期間で離婚に合意し、問題を解決できると言われています。
この調停によって成立した離婚のことを調停離婚といいます。

ここでの注意点は、調停委員会にあたる裁判官や調停委員は、離婚を強制する権限はありません。
その為離婚したくないパートナーを説得することも力づくで離婚に応じてもらうような事も当然できません。

調停離婚の場合も、やはり夫婦が合意しなければ調停は不調に終わり、離婚を成立させることは出来ないのです。
性格の不一致というものは、法律で定められている離婚原因に該当しませんので、それだけの理由で離婚手続きをすることはできません。

ただ、結婚した相手の性格があまりにも自己中心的な考えであったり、夫婦間で価値観の違いがあまりにも大きく、その為婚姻関係が破綻していると判断された場合には、婚姻を継続しがたい重大な理由として認められますので、離婚原因として正式に離婚手続きができると思われます。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事