「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚後に復縁する法則とは

離婚をしたくないのに、一方的に相手から離婚を切り出されてしまった場合、相手の言うがままに離婚に応じる人もいます。
しかし少しでも気持ちが残っている場合、離婚をした後もその気持を引きずり、なんとか復縁をしたいと望んでいる人も少なくありません。

夫婦の間に子供がいる場合は、離婚後も子どもの面会などで連絡を取り合ったり、頻繁に顔を合わせたりすることも多いでしょう時々会う、元妻や夫に対する新鮮な気持ちが、これまでのモヤモヤとしていた思いを整理し、もう一度やり直したいと考えるケースもあるようです。

離婚の理由は色々とありますが、離婚が成立した後、しばらくして復縁を選ぶい男女が、近年増加していると言われています。

離婚しない方法は、一度離婚をする

離婚をしたくないと思っていても、一方が離婚を要求してきたら、それを断る事は難しいでしょう。
書類上、離婚が成立できなくても、離婚を決意した人とこれまでと同じように夫婦関係を続けられるとは到底思えません。

ではこの場合、離婚をしないためにはどのような方法があるのでしょうか。
離婚を言い渡されたら、それを突っぱねるのではなく、思い切って一度、夫婦関係を解消し、離れて暮らしてみるというのも一つの方法です。

失ってみて初めて相手の良さを気付かされたり、結婚した当時の気持ちに振り返る事ができるのかも知れません。
そのほかにも、離婚後に襲いかかる、経済的な困窮や孤独、妻や夫のありがたさが身にしみて実感するという事があるようです。

ただし、離婚後にどのような生活が待っているかなんて、誰にも想像もできませんので、その作戦が100%成功するとは言い切れず、離婚後復縁が難しい場合もあります。

元夫や妻との復縁を実現するために、自分は今何を一番にすべきかをより深く考えるようにしましょう。
なぜ離婚するまでの関係になってしまったのか、何が原因で離婚し、自分は復縁するにあたってどのような点を改善すべきなのかを見つめなおす必要があります。

離婚の原因を真摯に受け止めなければ、復縁を実現したとしても、また離婚といった結果を導くかもしれません。
離婚後に復縁を真剣に希望する場合は、相手に対する思いやりや言葉の使い方、相手に対する接し方などに注意をしながら対応するようにしましょう。

時間をおくことで、離婚を回避できる

離婚後に復縁を希望しても相手の気持ちが離れてしまっては、全く意味がありません。
一度離婚を決意した方が、意志が固く、何をいっても聞き入れてもらえないケースもあります。

離婚をしたあとに、復縁をすることが難しそうな場合は、今の生活スタイルを思い切って変えてみるのはどうでしょうか。
正式に離婚をする前に、別居という形をとって、互いの距離をあけてみましょう。

離婚についてたっぷりの時間をかけることで、離婚する事の意味やメリットなどをより真剣に考える事ができるはずです。
子供がいる場合には、夫婦が離れ離れになり、家族が崩壊するというのは、良い環境とは言い切れません。

親の勝手な都合で離婚を選択することが本当に好ましいことなのかを考えるためにも距離と時間をおくようにしましょう。
離婚を強く決意した人も、時間をかけることで、冷静な気持ちで前向きに考えるようになり、もう一度だけやり直してみたいという気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事