「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚を決断させない3つのステップ

離婚の話が具体的になり、相手が決心を固めてしまった後で、離婚を回避したいと頑張ってもすでに手遅れな事があります。
離婚を回避するためには、離婚の話が浮上する前の段階で、解決策を取らなければなりません。

一度固めてしまった離婚の決意を翻すのは、難しいでしょう。
パートナーの口から離婚という二文字を聞く前に、離婚せずに夫婦としてもう一度関係を立て直せるように努力をしましょう。

相手の言葉を聞き入れる姿勢をとろう

パートナーは、前触れもなく突然離婚を思い立つわけではありません。
離婚が具体的になる前に、なんどもそのアピールをし、離婚を回避したいと努力を示しているはずなのです。

離婚を一方的に言われたと主張する方もいますが、離婚を決意している方というのは、そこに至るまでに様々な方法で、夫婦の関係を回復させようとしています。

しかしすべての方法をもってしても、相手に一度も聞き入れてもらえなったり、まともに話し合いに応じてくれなかったことから、ひとり思い悩み、離婚の意思を固めたのだと思います。

つまり離婚を回避するためには、パートナーが発する何かしらのサインを素早くキャッチし、相手の声に耳を傾ける姿勢を取る必要があるのです。

ただ聞くだけでなく、相手の立場にたち、どのような気持ちになっているのかを考えてみましょう。
最近夫婦の会話が少ないと感じている方、妻や夫の言葉を聞き流しているという方は、その積み重ねが相手に離婚を考えさせるキッカケを与えているのかも知れませんよ。

改善出来る点はすみやかに見なおそう

夫婦のコミュニケーションを図り、パートナーの声に耳を傾けたら、今度は自分の欠点となっている点を改善する努力をしましょう。

全く異なる環境で生活をしてきた他人が、夫婦になった途端、同じ価値観で同じ生活をしなさいと言われても、それは難しいことです。

しかし夫婦としてこの先長く関係を続けるためには、自分勝手な意見ばかりを主張するのではなく、相手の言い分を聞き入れ、相手の事を認め、譲り合いの心を持たなければなりません。

自分の行動が相手に不快感を与えている場合には、出来る限り改善するようにし、居心地のよい場所にするよう努力をしましょう。

一番の理解者になってあげよう

結婚した当初は、相手の考え方を一番に理解し、尊重していたはずです。
その気持はいつしか、相手の我がままだと感じ、自分勝手な行動にはしってしまいがちです。

誰よりも一番の良き理解者になることで、夫婦のバランスを保つ事ができるでしょう。
そのためにも、夫婦としての会話を増やし、些細な問題でも向き合って話し合いができる関係を保つ必要があります。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事