「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚を回避する心を整理するための3つのポイント

離婚という危機に直面した夫婦は、離婚を決意する前にやらなければならないことがあります。
特に離婚をしたくないと考えている方は、離婚の請求に応じる前に、出来る限りの事はやっておかなければ、後悔するでしょう。

奇跡とも言える巡り合いをした二人ですから、本来は、生涯をともにし、ずっと夫婦でいることが良いことに越した事はありません。

離婚後に後悔しないため、または離婚を回避するためにも、離婚を決意する前にやるべきことを考えてみましょう。

気持ちの整理をする

離婚をしたいと漠然に考えるのではなく、本当に離婚がしたいのか、それとも修復を求めているのかを具体的に考える事が重要です。

なぜなら離婚の原因によっては、離婚することがベストではない場合が多いからです。
男女関係は本当にデリケートで、些細なことで離別することがあります。

恋愛関係にある男女の場合、一度別れてもすぐによりを戻す事はできます。
しかし法律で夫婦と認められた男女が婚姻関係を解消するには、様々な手続きが必要となります。

離婚後に、やっぱり夫婦として続けたいという気持ちがあったとしてもそう簡単によりを戻す事はできません。
面倒な手続きと費用、精神的なダメージが発生しますので、本当に離婚することに意味があるのかを考えるようにしましょう。

夫婦の間柄にある男女も、喧嘩やいざこざが発生すると、感情的になってすぐに離婚という考えを巡らせる人もいます。
離婚を切り出された側も冷静に対応出来ない時には、勢いだけで離婚届けにサインをする可能性もあります。

協議離婚は、特に離婚の理由も必要ないことから、喧嘩したままのその場の勢いだけで、書類を作成し、そのまま提出といったケースも少なくありません。

本当に二人の気持ちは冷めてしまっているのか、修復はできないのか、冷静に考えて対処しなければ、確実に離婚したことを後悔するだけです。

無意味な離婚をしないためにも自分の気持ちを冷静に整理できる時間を作るようにしてください。

結婚する前の二人を思い出そう

喧嘩ばかりが続き、もはや離婚かと思っている場合には、結婚前の二人を思い出してみましょう。
相手のどこに惹かれて結婚をしたいと思ったのか、あの時自分は相手にどのような感情を抱いていたのか、二人はあの時どういった関係だったのかを改めて考えなおすようにしましょう。

結婚する前の二人はきっと相手のことを誰よりも理解し、認め合い、譲り合っていたのではないでしょうか。

相手の良いところを考えてみよう

なぜ離婚したいと思っているのか、本当に嫌いになってしまったのか、相手のことをじっくりを考えてみよう。
もしかすると今気になっている癖や行動は、本当はチャームポイントや個性として魅力的な部分なのかもしれません。

嫌いになる部分と好きになる部分は全く同じだと言われていますので、本当にこの人の事が嫌いなのか、考えてみましょう。

離婚したい理由としたくない理由を考えよう

最後になぜ離婚したいのか、なぜ離婚を躊躇しているのかを考えてみましょう。
どちらも譲れない理由なのか、もう一度やり直せる事はないのかを見つめなおすことが離婚をしない方法になります。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事