「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

4つのポイントで離婚を回避する

離婚をしたくないと思っているのなら、なぜ離婚という問題にまで発展しているのかその経緯を整理してみる必要があります。
ただ離婚をしたくないと突っぱねても、説得力もありませんし、何の解決策にもなりません。

そのような態度を取る前にやるべきことがあるはずなのです。

離婚を回避するためのポイント1:信頼関係を取り戻そう

どうしても離婚を回避したいのであればなぜ離婚するまで夫婦関係が崩れてしまっているのかを考えてみましょう。
結婚生活を営むにあたって、どんな夫婦であっても全く不満がないというわけではありません。

しかし、これまで同じ屋根の下で生活をともにした二人ですから、信頼関係と強い絆がそこにはあるはずなのです。
つまり現在離婚をせず、幸せに夫婦として暮らしている男女は、その信頼関係と長きにわたり築き上げた絆で、なんとか二人の問題を解消しているのです。

離婚という結果に至っている夫婦は、信頼関係が壊されているのではないでしょうか。
バランスの崩れてしまっている夫婦関係を整えるために、何が原因で信頼関係が崩れているのかを突き止めなければなりません。

離婚を回避するためのポイント2:自己分析をしよう

離婚を回避するためには、相手に非を求めるのではなく、自分自身の何が間違っていたのかを冷静に考えてみましょう。
自己分析をすることで、結婚当初と何が大きく変わっているのかを見つける事ができます。

当然ですが、離婚を回避するためには、自分自身だけが変わっても意味がありません。
ただ自己分析ができると、相手に対する接し方が大きく変化しますので、離婚を請求している方も冷静になって離婚の話し合いに耳を傾けるようになるでしょう。

相手の気持ちを動かしたいのであれば、まずは自分が変わらなければならないのです。

離婚を回避するためのポイント3:第三者に相談しよう

ただでさえ、関係が壊れかけている二人ですから、二人っきりで話し合いをすると問題が大きくなる危険性があります。
また二人だけの考えでは、視野の広い解決法を求める事は難しいでしょう。

さらにパートナーのいずれかが冷静な態度を取れない場合は、一歩も解決に向かう事はできません。
離婚を回避するために、夫婦の間に別の人を入れて話し合いをするのも一つの方法です。

双方の信頼できる友人、もしくは離婚相談のプロを介入させるものいいでしょう。
夫婦の意見をそれぞれの立場で、冷静に判断し、解決に導く事も期待できます。

離婚を回避するためのポイント4:復縁で修復を期待する

離婚の原因を突き止め、自己分析で自分の悪い点を改善し、第三者の意見にも耳を傾けても一向に離婚を回避できないと先が見えない場合は、思い切って夫婦関係を解消してみるのはどうでしょうか。

少しの間距離と時間をおくことで、見失っていたものが見える場合もあります。
ただ、一度離婚をすると復縁の可能性は、かなり低くなりますので、一種の賭けでもあります。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事