「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

2ステップで離婚後に復縁を実現する

法律上離婚が成立したにもかかわらず、もう一度夫婦としてやり直したいと希望する場合には、復縁という方法があります。
近年婚姻関係を解消したにもかかわらず、その後復縁し、再度夫婦としてスタートさせている男女が多くなっていると言われています。

ただ離婚を経験した二人が、復縁をしてもまた同じ結果になるのではないかと不安になる方も少なくありません。
復縁後離婚をしないためには、離婚をした原因をよく理解し、復縁後の生活に活かせるようにしましょう。

一度目の離婚の原因を分析し二度と繰り返さない

復縁し、もう一度夫婦としてやり直すチャンスを与えられたにもかかわらず、また同じ相手と同じ過ちを繰り返し、再び離婚という決断をする人がいます。

離婚による精神的なダメージが大きいことは、重々承知しているはずなのに、なぜまた同じような結論に至るのでしょうか。
それは、一度目の離婚の原因を全く理解せず、同じ過ちを繰り返しているのだと思われます。

復縁というチャンスを与えられたのであれば、二度と離婚をしないためにも、1回目の離婚がなぜ起きたのか、分析するようにしてください。

例えば離婚の原因で最も多いといわれているのが、性格の不一致です。
性格の不一致というのは、何も婚姻関係にある男女だけに発生するものではありません。

恋愛関係にある男女など全ての男女関係に起きるものです。
男性と女性の考え方が違うのは当然ですが、育ってきた環境が全く異なるのですから、多少の意見の違いや性格の違いは、あって当然なのです。

その溝を埋められるのが夫婦の良さであって、努力を怠っているからこそ性格の不一致という離婚原因が勃発するのです。
1回目の離婚の原因が、性格の不一致の場合は、復縁後、相手の気持ちを理解できるよう努力をしなければなりません。

完全に理解しないでも、こんな考え方の人もいるのだと相手の意見や価値観を認めてあげる人間になりましょう。
世界はあなた一人の考えだけで回っているのではありません。

いろいろな考えや価値観の人がいてこそ面白い世の中なのです。
それを念頭にいれ、自分勝手な主張ばかりをするのではなく、相手の意見にも耳を傾け認めてあげるのが夫婦関係を良好に保つ秘訣です。

復縁を願っている場合

前回の離婚の原因を分析し、同じ過ちを二度と繰り返さないと決意したら、離婚した元配偶者にその気持を伝えてみましょう。
相手が不愉快に思っているところはできるだけ改善する努力をすることを伝え、もう一度夫婦として再スタートさせたい意思を真摯に伝えてください。

すでに離婚という道を選んだ二人ですが、これまで築き上げてきた夫婦の歴史や二人だけしか分かり合えない数々の想い出は、そう簡単に切り捨てる事はできないはずです。

復縁が現実になった場合には、もう二度と離婚をしないために、最大限の努力をしましょう。
離婚で得られるものは、それほど多くはありませんが、これまで見失っていたものが見つかるキッカケにはなるはずです。

つらい経験を無駄にしないためにも復縁ができた喜びを噛み締め、夫婦として長く続けられるよう努力しましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事