「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

ギャンブルが原因の熟年離婚

熟年離婚の原因の中に金銭トラブルがあります。
金銭トラブルになるのは、夫のギャンブルが原因となっていますが、生活費をすべてギャンブルに使い果たし、しまいには、子どもの教育費や家財道具を売り払うというケースもあります。

パチンコや競馬、競輪などのギャンブルに溺れてしまうことで、気がついた時には、離婚といった事態を招いているのがほとんどです。

夫や妻は、家庭生活を守るために、資産を確保するというのは、絶対に必要です。
生活費や養育費を入れず、ギャンブルに使用するといった状況は、扶助義務違反にあたりますので、法律上は、離婚をすることが可能です。

競馬や競艇などのいわゆるギャンブル以外にも趣味や道楽に夢中になることで、扶助義務違反をするのも同じように離婚の正式な理由となります。

熟年離婚の場合、このような金銭的なトラブルは、家族関係や夫婦関係を破綻させ離婚といった事態を招くのです。
男性だけでなく、女性の場合は買い物依存症といった状態に陥るケースがあります。

買い物依存症となっている女性は、熟年者だけでなく、若い頃から始まっているケースが多く、夫が気がついた時には、一切の蓄えがなく、借金だけが膨らんでいるといった最悪の事態になっている事が多いと言われています。

買い物依存症に陥る女性の多くは、夫婦生活がうまくいなかくなることで、そのストレスを買い物で埋めようとしますので、幸福感を求めて買い物を続ける用になるのです。

熟年離婚のその後

熟年離婚の場合、若い夫婦の離婚とは違っていろいろな問題があります。
離婚という決断だけにとらわれず、離婚後の生活がどうなってしまうのかということまで考えた上で離婚という道を選択するようにしましょう。

再婚や就職などやり直しの可能な年齢であれば、それほど深刻にならず離婚をすることも可能かもしれませんが、熟年離婚の場合、離婚どの生活をよく考え、計画的に離婚手続きを進めなければなりません。

近年の法律改正によって、年金分割が可能となり、従来のような負担はないと言われていますが、それだけでは十分な生活費を確保することはできません。

財産分与や慰謝料なども含め、将来どのくらいの金額で生活が可能となるのかなど、考えて離婚をするようにしましょう。
ギャンブル依存や買い物依存となっているパートナーと離婚をする場合、借金だけが膨らんでいる可能性がありますので、慰謝料をとることも、財産を分けるという事も難しくなるでしょう。

一人で生活するだけの十分な蓄えがない場合には、離婚後した後の生活がさらに厳しい状態になる危険性もあります。
特に子どもを抱えての離婚の場合は深刻です。

離婚後の生活をサポートしてくれるご両親が健在の場合には、なんとか実家に身を寄せることもできるはずですが、熟年離婚の場合、ご両親がすでに他界している可能性もありますので、その点を十分に検討し、離婚をするようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事