「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

上手な離婚をするためには事前準備と誠実さが重要!

離婚の仕方には、夫婦が話し合って離婚を進める「協議離婚」

家庭裁判所の調停委員を夫婦の間に入れて、スムーズに離婚の取り決めが出来るようにする「調停離婚」

協議離婚でも調停でも不調に終わった場合には、家庭裁判所に提起することで起こる「裁判離婚」があります。

離婚の原因や状況に応じて最も適している手段で離婚手続きが進められますが、9割が協議離婚で離婚を成立させています。

協議離婚は他の離婚手段に比べても時間や費用がかからず、特別な離婚の理由も不必要ですから出来る限り協議離婚で済ませたいと願う人は多いようです。

離婚前の話し合いが重要

離婚届書を各市役所に提出し正式に離婚した後で、財産分与や養育費、慰謝料などの問題を話し合う夫婦もいますが、それでは手遅れになる可能性があります。

とりあえず夫婦関係を終わらせたいという気持ちばかりが先行して離婚届けを提出したはいいが、決めるべきものを一切決めていないので離婚後に大きな問題になるケースが多いようです。

特に金銭問題については離婚が成立した後で、様々な要求をしても一方に話を受け付けてもらえず、不利な状況に追いやられる人も少なくありません。

離婚を成立させる前にやるべき話合はしっかりと終えるのが上手な離婚の方法です。

そのためにも離婚を決意したその時から、どのような話し合いをすべきかノートに書き記しておきましょう

離婚前に取り決めた内容については書面化し、離婚後のトラブルを避けるためにも公的文書を保全しておくようにしましょう。

有利に離婚したいなら写真などの記録を準備する必要も

離婚の原因が相手にある場合は話を有利に進めるためにもそれなりの準備を整えておく必要があります。

不貞行為が原因の場合には証拠となる写真などの記録を準備し、暴力やギャンブルなどが原因の場合も同様に自分が有利になる決定的な証拠を準備しなければなりません。

協議離婚の場合にはそれほど効力を持たないかもしれませんが、調停や裁判といった段階を踏むごとに証拠写真や記録等は非常に需要な証拠品となりますので、自分に有利な結論を導くためにも離婚前の準備には万全の体制を整えるとよいでしょう。

不利な状況にならないように正直に反省する

離婚理由が自分の過ちが原因であり離婚を訴えられた場合には問題がこれ以上大きくなる前に真実をすべて話し、離婚の話を進めるというのも賢い離婚の方法です。

良かれと思い様々な事を隠したまま話し合いに臨むと相手に決定的な証拠をつきつけられた時に為す術がなくなりますので、それならば一層のことすべてを受け入れことで、できるだけ事を大きくしないという方法もあります。

特に裁判では反省している態度などを少しでも裁判官にアピールできると慰謝料や養育費の額が大きく違う事があります。

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事