「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚後の住宅ローンの手続き

離婚後の手続きの一つに住宅ローンがあります。
現在住んでいるマンションの名義を夫から妻に変更し、子どもと妻がそのまま住める場所を提供してもらうといった、ちょっと都合の良い考えを持っている女性は非常に多いようです。

それに加え、マンションの名義を妻に変更し残りのローンまでも夫に支払ってもらうと請求するなんとも身勝手な言い分を請求する女性もいるというから驚きですよね。

住宅ローンの問題は、離婚後に起きる大きなトラブルの一つになりますので、納得が行くまで何度でも話し合いをし、取り決めた内容については、書面化しておくようにしましょう。

住居名義をを自分に変更し残りのローンを払ってもらう場合

離婚後もこれまでと同じように住み慣れた場所で生活ができるというのは、本当にありがたい話です。
ましてや、住宅の名義まで自分のものにできるのですから、財産を確保できたも同然です。

その上、残りのローンを夫に支払ってもらおうなんて言い分は、高い確率で理解されない場合が多いとおもいます。
そんな虫の良い話は、よほど経済的に余裕のある夫でなければそんな要求を受け入れる人はいないことでしょう。

子どもと妻の事を考え、状況によっては夫の方からそのような提案がされる場合もあるかもしれませんが、そんな方であれば離婚なんて選択しないかもしれませんね。

もちろん財産分与は夫婦間で平等となりますので、妻が住宅の一部を請求する事は可能です。
しかし名義を妻にしたり、残りのローンを支払い続けてもらうなどの要求が通る事はないでしょう。

ただどうしてもそのような言い分を理解してもらうためには、何か他に夫に有利になるような条件を提示したするなどの交渉の工夫をしましょう。

離婚後に名義(登記)変更について

これまでと変わらず、結婚当時の家に住むことが可能で、さらに住宅ローンの支払も夫が引き受けてくれるという場合、特に名義変更にこだわる必要はないような気もします。

しかし名義変更をせず、そのままにしていると万が一の場合にものすごく困る事になるでしょう。
例えば、住宅の名義人の手によって、住宅を売却したり、他の人に賃貸契約をするなどの手続きが自由にできるからです。

名義人である夫の都合で、勝手に処分されてしまったら、その途端妻と子どもは、住処を失い路頭に迷う事になるはずです。
安心して居住スペースを確保するためには、やはり名義変更をしておいた方がいいでしょう。

住宅ローンの場合、契約時に以下の取り決めがあります。
ローンの支払い期間中に名義の変更を行う場合には、契約銀行に連絡をし、承諾を得る必要があります。

万が一承諾を得ずに名義の変更を行うとローンの一括請求が実行される可能性があります。との条項が契約書に記載されています。
それならば連絡するだけでいいのかと簡単に捉えがちですが、銀行はなかなか承諾をしてくれないと言われています。

その理由の一つに、債務者と所有者が異なる事は、契約上好ましいと判断されるからです。
それでも名義変更を希望する場合には 20年、30年先のローン完済時に名義変更が可能となる予約的な手続きができます。

子どもの為の財産と考えて、希望する場合には、この方法でもいいかもしれませんね。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事