「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

各種手続きと取り決め事項

離婚をするためには、いろいろな問題を解決する必要がありますが、それには、様々な手続きや書類の作成が必要となります。
正式に離婚を成立させるための様々な手続きを事前に理解しておくようにしましょう。

特に親権や金銭問題に関しては、取り決めた内容について離婚後に争いが生じないように注意をしなければなりません。
口約束だけで事を済ませてしまうと確実に大きなトラブルに発展すると予想されますので、離婚協議書などの書類を作成し、きちんとした文書化、書面化をお勧めします。

子供の親権や監護権の問題について

協議離婚をする場合、特に離婚の理由については必要とされず、書類上も記載する必要はありません。
しかし、子供がいる場合は、親権者を先に決めなければ、離婚届けを作成する事はできません。

先に親権者となる人を決め、離婚届けに記載した上で書類の提出が可能となります。
夫婦が話合をすることで親権者は決められますが、子どもの意見も聞き入れる事が重要となります。

大人の意見ばかりで事を進めてしまうと、子どもの成長にとって良い環境とはいえませんので、離婚というものが家族の問題だと捉え、子どもの意見も取り入れるようにしてください。

親権や監護権、面接交渉権などの取り決めた内容は文書にするようにしましょう。

子どもの養育費について

離婚をしたといっても、子どもの成長を支えるのは、親の当然の役割です。
養育費について支払う、支払わないでトラブルになる夫婦がいますが、養育費の使い道についての誤解が問題を大きくしているような気がします。

養育費は離婚した配偶者のために支払うのではなく、あくまでも子供が18歳もしくは20歳になるまで、安定した生活と教育を受けられるよう環境を整えるために必要なお金であるという事を忘れないようにしましょう。

また受け取る側も同様に、生活の一部にするのではなく、養育費は、子供が親と同等の生活水準を保てるように支払ってもらう費用となりますので基本となる考えを取り違えないようにしましょう。

支払ってもらった養育費については、毎月の金額のほか、支払日や大学などの進学の負担分なども予め決めておくのが良い方法です。

財産分与について

財産分与の対象となるのは、預貯金やマンション、住宅などがあります。
一般的には、財産の半分を分割するのが基本ですが、子どもを引き取る側の今後の生活などを考慮した上で加減するのがいいでしょう。

財産分与については、離婚届書を提出した後に詳しい話し合いを持つ方もいますが、離婚が成立した後で全く話し合いができない場合がありますので、離婚手続きの前に具体的な取り決めを行うようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事