「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚後の再婚や戸籍の手続き

離婚を成立させる場合、各市町村に対し、離婚届を提出しなければなりません。
書類が受理されるとやっと離婚が成立しますが、手続きはそれだけではありません。

離婚をした後の手続きはそれ以外にも多々ありますので、速やかに行うようにしましょう。
中には、離婚成立の日から期限が10日以内と定められているものもありますので、十分に注意をするようにしてください。

離婚後に発生する主な手続きについては、離婚の際に称していた氏に関する届けや再婚についての手続き、健康保険や年金の手続き等があります。

離婚の際に称していた氏を称する届について

離婚後にまず行うのが、氏についての手続きです。
旧姓に戻る、元の戸籍に変更するというのが一般的ですが、中には旧姓に戻らず、結婚していた時の氏をそのまま使う人もいます。

その場合は、離婚成立から3ヶ月以内と期限が定められていますので、そのままの氏を使いたい場合には速やかに手続きを行うようにしましょう。

各市町村役場には、離婚の際に称していた氏を称する届けという書類がありますので、必要事項を記載の上喜源内に提出してください。

結婚の際に称していた氏を使用するメリットはものすごくたくさんあります。
例えば、旧姓に戻ることで、変更しなければならない手続きとして、銀行口座やクレジットカード、保険や免許証、その他職場に対する提出書類などなど上げるときりがありません。

氏がそのまま使える場合は、特に変更する手続きがありませんので、面倒な作業を省く事ができるでしょう。
仕事をしている場合は、職場や取引先にすでに結婚時の名が定着していることもあり、わざわざ姓を変える必要がないと判断する方も多いようです。

姓をそのまま使うか、旧姓にもどるか一度決めた事は、その後変更することはなかなかできませんので、じっくりと考えた上で手続きを行なってください。

再婚の手続きについて

離婚が成立しても女性は、他の男性と再婚をすぐにすることはできません。
その理由に、女性には、再婚禁止期間として6ヶ月の期間が設けられています。

この期間に万が一再婚の手続きをすると生まれてくる子どもの父親の確定が難しくなるという理由から定められた法律で、婚姻期間中及び、離婚後の300日以内に生まれた子どもは、たとえ再婚相手の子どもだとしても前の夫の子とされ、前夫の戸籍に入る事とされています。

この法律によって、300日問題という社会問題も発生しています。
暴力やDVが原因で離婚した夫の子どもとして認めたくない女性が、300日以内に子どもの出生届けを提出しないことで、無国籍のこともが存在すると言われています。

この法律については、賛否両論ありますが、その点も踏まえ自身の行動には注意をしなければなりません。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事