「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚相談,に必要な心得とは

夫婦の関係が思わしくない場合、人は、離婚という道を考える事があります。
しかしこれまで婚姻関係を長く続けてきた者同士が、全く別の人生を進むためには、様々な問題があります。

現在夫や妻との離婚を考えているけど、何をしたらいいのか全く分からないと悩みを抱えている場合は、一人で解決しようとせず、誰かに相談してみるといいでしょう。

ご両親や友人、実際に離婚を経験している方などが身近にいる場合は、様々な方からの意見を聞いてみた方がいいと思います。
ただ身近に離婚について相談出来ない場合や、離婚の事を誰かにしられたくないと思っている場合は、離婚相談を専門としている期間へ相談してみるといいでしょう。

各市町村や弁護士事務所などでは離婚の各種相談を実施しています。
専門機関を利用して、離婚相談を行う場合は、ある程度の費用と時間がかかります。

納得できるアドバイスを受けるためにも離婚相談所へ行く前の心得えと考えてみましょう。

離婚相談の前に事前に準備するもの

ただ漠然と離婚がしたいというおもいで、離婚相談をしてはいけません。
なぜ離婚をしたいと思ったのか、これまでの経緯を説明出来るよう、ある程度まとめておくようにしましょう。

弁護士や行政書士の相談の場合、時間単位で報酬が設定されていますので、無駄な時間を使わないためにも相談の内容をきっちり
とまとめておくのが鉄則です。

弁護士や行政書士の前でうまく話がまとめきれない場合もあると思いますので、メモ書きなどで簡単に説明する内容を箇条書きに
しておくのもお勧めです。

相談内容を確認した弁護士や行政書士からは、これまでの経験を踏まえた上でのアドバイスが色々と伝えられます。
弁護士や行政書士の方は、専門用語を使用する場合がありますので、メモ書きにし、その時に理解できなかった内容については、質問が出来るようにしておきましょう。

また相談したその日は、気持ちが興奮していたり、冷静な判断能力がかけている事もありますので、後で分からない部分を説明できるように、会話の内容をノートにメモしておくようにしてください。

不貞行為や暴力行為の証拠を持参しましょう

万が一夫や妻の不貞行為が原因で離婚を決意した場合には、証拠となるものをまとめて持参出来るように準備しておきましょう。
証拠品がある程度揃っている場合は、相談した方が有利なアドバイスを受ける事ができます。

財産の確認

慰謝料や養育費等が希望通り施灸できうるように、財産確認をきっちりと行なっておきましょう。
一般には、パートナーの年収を確認した上で、出来限りの慰謝料を養育費の支払いに応じるはずです。

ただ、パートナーの収入が少なく、家のローンが残されている場合には、慰謝料や養育費の回収は難しくなるでしょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事