「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚を決意する前の3つの問題とは

様々な理由で離婚を選ぶ事がありますが、20代から30代の離婚と違い、長年連れ添った夫婦の離婚は、特に問題が深刻です。

若くして結婚をした男女が離婚を決断しても、残された人生は長く、新しい道には、多くの可能性が広がっています。
仕事にしろ、再婚にしろ色々な道が与えられます。

その為、若い人の離婚で、夫婦関係がすでに破綻して場合、我慢して苦しい生活を続けるよりは、早めに離婚と決断をし、再スタートをするようにアドバイスをする人も多いでしょう。

しかし20年以上連れ添った夫婦などの熟年離婚を決意する場合は、それ相当の覚悟が必要です。
残された人生をたった一人で本当に耐えぬく事ができるのか、厳しい社会情勢の中、生活を安定できるのか、などよく考える必要があります。

勢いだけで熟年離婚を決意すると、現実に突き放された瞬間、あまりの困難に耐え切れず、離婚しなければよかったと後悔したまま人生に幕を降ろさなければならないでしょう。
現在離婚を考えている人で、離婚を正式に決断する前に、どのような心の準備や覚悟が必要が考えてみましょう。

離婚後の男性の問題

離婚後の男性の生活は、女性の生活に比べると、やや安定していると思われます。
職を辞さないかぎりは、収入が絶える事はありませんので、経済的な問題に関しては、ある程度避けられると思います。

ただし、これまで洗濯や炊事などの家事一切を妻にしてもらっていたという男性は、離婚後、食事をまともにとることができず、体調を崩してしまい、病に伏せるケースも少なくありません。

さらに、家事をこなしながら仕事を続けるというスタイルにストレスを感じ、アルコール中毒にはしる傾向も男性の方が強いと言われています。

現在、すべての家事を妻に任せっきりだという男性は、身の回りのことくらいは自分で出来るようにしましょう。

離婚後の女性の問題

離婚をする時の状況や年齢にも左右されますが、女性の場合、離婚後経済的な面で窮地に陥る事があります。
結婚しても仕事を続けている女性の場合は、離婚してもある程度の収入が確保できますので、それほど心配をすることはありません。

しかし専業主婦として生きてきた女性は、離婚後、就職先やパート先を探すのは、非常に厳しいと思います。
万が一パート先が見つかったとしても、生活を整えるだけのお給料を稼ぐ事は難しいでしょう。

離婚後も最低限の生活水準を確保するためには、離婚を決断する前から計画的に貯蓄をしておく事が重要です。
ただ、結婚していた時のような安定した生活を得る事はこの先一生ないと覚悟を決める事も重要です。

離婚後の病気の問題

夫婦の間に子供がいる場合は、離婚をしても子供が何かしらのサポートをしてくれるはずです。
病気など体調を崩した場合や老後の面倒は、100%ではありませんが、少なからず子供が助けてくれることでしょう。

しかし子どもや兄弟など頼れる人が誰一人としていない場合は、病気や老後の事を事前に考えて置く必要があります。
体調が悪化しても、老後、体が不自由になったとしても、何からなにまで一人で対処しなければなりません。

体が動ける間に、老人ホームなどの施設を検討したり、万が一の際に自力でいけるかかりつけの病院等を見つけておく事が大切です。

離婚後、自分はどのような生活を送っているのかをよく考えた上で出した離婚であれば、覚悟を決め、できるだけ幸せな人生をおくれるようにしてください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事