「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚とDVの関係とは

結婚して1年未満で離婚をする人、30数年の結婚生活にピリオドをうつ熟年離婚などいろいろな形の離婚があります。
さらに離婚の原因も夫婦によって様々で、その中の一つにDVがあげられており、近年増加傾向にあると言われています。

女性に対するアンケート調査では、離婚の原因にDVが2位にあげられるなど、多くの女性が夫からの暴力を経験しているという実態があります。

これほどまでに多くの女性が力の強い男性からの暴力を受けているのですから、いつ自分の身にふりかかるのか想像できませんよね

これまで優しかった夫がどのようなタイミングでDVの加害者になってしまうのか、被害者になった場合、どう対処したらいいのか、最低限の知識を入れておくようにしましょう。

暴力が原因の離婚について

離婚原因の2位にあげられている暴力ですが、身体的な暴力だけではありません。
精神的な苦痛や経済的暴力、さらには性的な苦痛までいろいろな形があります。

DVは、家庭の中で発生していることですから、第三者に気づかれるのが遅く、浮き彫りになった時には、すでに深刻な状態になっているケースがほとんどです。

なかでも身体的な暴力は、時に命を奪う惨事になる危険性もありますので、早急に対処する必要性があるでしょう。

DVの現状とは

DVを加える加害者の中には、暴力をふるっている行為を悪い事だとしっかりと認識できている人もいます。
それなのに、自らの過ちを認める事ができず、それでも尚、繰り返し暴力をふるっているのです。

その為、気分が良い場合には、「暴力をふるってごめんね」など優しい言葉をかけることも忘れていません。
一見反省をしているかのような言葉をかけることもありますので、そのたびに被害者は、「もう一度だけ信じてみよう」という気持ちになってしまうのが、身体的DVの大きな問題点の一つなのです。

暴力をふるっている時とは違い、優しい態度で接する加害者によって、精神的なコントロールをされている、被害者は冷静な判断力が乏しくなっており、このサイクルから逃れる事ができなくなっているのです。

DVの被害者は、自分の性格を変えようと努力をします。
なぜなら暴力を受けている自分に、何か問題があるのだと考えるからです。

しかし加害者は絶対に性格を変えようとはしません、それどころか次第に暴力をエスカレートさせるでしょう。
DVを引き起こしているのは、被害者に問題があるのではありません。
暴力をエスカレートさせているのは、被害者の弱い心が原因であることを理解し、早めに対応しなければなりません。

子供への影響とは

目の前で繰り広げられる親のDVは、確実に子どもの成長を阻害し、悪影響を与えます。
子どもに直接被害を与えることは無いにしろ、目の前で大切な親が傷つけられている光景を見て育つと、精神的なダメージや暴力によって何もかもが支配できるといった誤った学習をするようになります。

逆に暴力を受けることで愛情を確かめるといった異常な精神状態を確率させてしまうケースもあります。
DVの家庭環境で育った子どもは、大人に成長した時にパートナーに対し、暴力をふるったり、暴力をふるう男性と一緒になったりとするケースは非常に多いといわれています。

子どもは、加害者にも被害者にもなりえますので、子どもの将来を真剣に考えるのであれば、この状況を変えなくてはなりません。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事