「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

性格の不一致で離婚を決意する前の3つの心得

性格の不一致が理由で離婚を決意する前に

性格の不一致は離婚原因の中で最も多くあげられている理由の一つです。
愛しあって結婚を決めた二人が生活を共にしていくなかで、次第にズレていく夫婦の溝をうめきれず、いつの間にか相手の事を愛する気持ちがなくなるケースがほとんです。

しかしそうなるまでには、二人にしか知らない、長い道のりがあったはずです。
性格の不一致という離婚原因は、ものすごく漠然としていて、周囲の人は到底理解出来るものではありません。

当の本人たちも、なぜ相手の事が嫌いなったのか、離婚を決意させたのが、何だったのかと明確にできない場合もあります。
人を好きになるのと同じで、嫌いになる理由も本当は、漠然としているのかもしれませんね。

様々な離婚の原因がありますが、性格の不一致という問題を抱えている場合は、簡単に結論を導くのではなく、結婚生活を続けてきただけのたっぷりの時間をかけてその答えを出すようにしましょう。

なぜ離婚がしたいのか、本当に相手の事が嫌いになったのかなど、自問自答を100回以上繰り返し行なっても少ないくらいです。
性格の不一致による離婚は、その理由が漠然としている一方で、最も根が深い問題であるとも言われているのです。

また一方が性格の不一致を訴えていても、片方はそう捉えていない可能性もあります。
離婚を決意するまでにも精神的なダメージを受ける事が予想されますが、離婚協議中は、それ以上に泥沼の日々をおくることは避けられません。

それに加え離婚後は、さらなる苦労の毎日が待ち構えていることでしょう。
それでもなお、離婚する気持ちに変わりがないか、何度も何度も自分に問いかけるようにしましょう。

養育費問題

小さな子どもを抱えて離婚をする場合は、養育費の問題があります。
養育費についても、双方で意見の食い違いは当然でてきます。

その為、離婚協議が長引く可能性があり、話し合いが長引くとそれと同時に精神的な負担も大きくなりますので、安易に結論を出す人もいるようです。

離婚を経験した人の体験談の中には、弁護士や裁判所の職員から、養育費は、いつかは無くなるもので、そればかりを頼ってはいけない、無いものと考えなさいと意見されたり、養育費の支払いを取り決めても途中で支払わなくなる人もいると説明を受ける事があるようです。

そんな事を聞くと、「ならばもうどうでもいいや」と軽く考え、強い気持ちが揺れ動く事がありますが、一人の収入で本当に子どもを立派に育てるだけの力があるのか、冷静に判断出来るようにしましょう。

事実、こればかりに頼るのは、良い考え方ではありませんが、お金にゆとりがあるのとゆとりが無いのとでは、生活に大きな違いがあります。

少しでも多く、確実に養育費を受け取れるように冷静な対応を心がけるようにしましょう。

取り決めた内容は文書に残す事を忘れない

夫婦二人だけで離婚の話を決め、離婚届けを正式に提出する場合もありますが、口約束だけの離婚成立は後々のトラブルの原因になります。

離婚と際に取り決めた内容は公正証書など文書に記録を残すようにしましょう。
特に金銭的な問題は、支払いが滞ったり問題が大きくなる可能性がありますので、法的な効力を持つもので、対応できるよう注意をしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事