「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

熟年離婚の先にある人生を幸せにするためには

夫の退職、さらに子どもが成人を迎えた時期をきっかけに、熟年離婚を決意する夫婦が急増しています。
中には、20年以上連れ添った夫婦関係であるにもかかわらず、高齢期を目前にして離婚したいと希望するケースも珍しくありません。

近年急増している熟年離婚の背景には、テレビドラマの影響や、年金分割に関する法改正が影響していると言われています。
その他にも男性と同じように、女性もビジネスに参戦できる時代になったことや女性にも幅広い働き口があり、少なからず収入が得られるようになったのが熟年離婚が増加している理由だと言われています。

また熟年離婚を決意している女性の中には、自分の貴重な人生を夫や子どものためにダメにしたと不満を募らせ、残された時間をせめて自分のために活用したいという気持ちから、離婚を決意する人もいるようです。

しかし熟年離婚は、若い人の離婚とは違い、大きな問題が山積みです。
安易な気持ちで離婚という選択をするのではなく、離婚をするまでに何が必要なのか十分な心構えをしなければなりません。

熟年離婚は泥沼になるのが特徴的

定年を迎え、残された人生は、夫婦でのんびりとした生活を送りたいと、考えている夫にとって、妻の口から飛び出した「離婚」という問題は、本当に予想外の事でしかないでしょう。

家族のためにと仕事に精を出してきたのにと考える夫の気持ちとは裏腹に、家庭を省みない冷たい夫と判断された結果なのです。
予想外の出来事に夫は頭が真っ白になったり、逆切れするケースもあります。

熟年離婚は、「離婚」という妻から出たキーワードをきっかけに、これまでの関係が急速に崩れ、夫婦の関係を破綻させるとも言われています。

年齢の若い人の離婚に比べるとひどく揉めるのも特徴の一つで、その理由に年齢や地位的な問題から、財産や資産がある程度あり、財産分与などの金銭問題が生じるのです。

妻に突然離婚を言い渡された夫は、逆ギレし、喧嘩など泥沼の状態になりますので、特に財産分与に関して、夫が一切受け入れず、全面的に反論する場合があります。

想像以上に苦難を強いられる離婚後の生活

専業主婦として夫や子どものために一生懸命家事をこなしてきた女性の場合、もう一度自分の人生を取り戻したいという強い気持ちから離婚を決意することがあります。

ただ専業主婦の場合、当然手に職を持っておらず、ある程度の年齢に達してから、社会に飛び出したとしても、就職出来る保証は絶対にありません。

ただでさえ就職難と言われている昨今、おばさんというくくりにある女性を雇ってくれるところは正直ないと思われます。
離婚後、安定した生活を確保できるとは、厳しいようですが言い切れません。

貯蓄がない場合は特に問題は深刻で、自分の人生を取り戻したいという漠然として気持ちだけでは、生きていくことさえ難しいのではないでしょうか。

そればかりではありません。
高齢になるにつれて、一人の生活は想像以上に孤独を感じます。

離婚後、どうやって生活をしてくか、本当に一人で孤独と向き合う事ができるのか、離婚という道を選択するだけの価値がその先にあるのかをじっくりと考えた上で決断するのが賢明です。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事