「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

賢く離婚をするための法則とは

離婚とは、各市町村に離婚届出を提出し、問題なく受理されてはじめて婚姻関係を解除する事ができます。
ただ、離婚届を提出するまでには、夫婦の間で様々な問題が発生します。

夫婦としての道を歩むと決意して結婚から離婚という決断を下すまで、さらに離婚提出というアクションを起こすまで、どのような行動を取るべきか、どのようにした方が賢く、円満に離婚を成立さぜることができるのか、じっくりと考えてみましょう。

賢くスムーズに離婚するためには、協議離婚が一般的

国内で発生している離婚のうち、約8割以上が協議離婚という形を選択しています。
離婚について双方の意見が合意し、離婚届けに問題なくサインと捺印を押すことで、各市町村に離婚届けを提出ができます。

協議離婚を選択する夫婦の場合、すでに婚姻関係が破綻している状態にあり、互いに別々の道を歩むという気持ちがかたまっていることで、前向きな離婚が可能となります。

ただし、離婚の原因によっては、離婚届けにサインと捺印をもらうまで、喧嘩別れなど泥ぬまの展開になるケースが多いようです。
喧嘩別れになった場合、後味の悪い離婚となりますので、出来る限り仲良く別れる事を意識したほうが賢明です。

仲良く離婚の話し合いする時のメリット

仲良く別れるなんてそんな事絶対にできないと感じている人も多いはずです。
しかし喧嘩をし、相手を罵ったまま離婚という道を選択すると、この先ずっと後悔ばかりが残ってしまいます。

前向きな気持で、新しい道を歩むと腹をくくって離婚を決意するのですから、出来る限り仲良く別れる事が重要です。
夫婦という関係から、ただの仲の良かった友人と感じられるよう気持ちを切り替えることが、賢く離婚するための秘訣となるでしょう。

喧嘩をしたままの状態で、離婚についての話し合いを進めた場合、慰謝料や養育費、親権問題などの取り決めにも悪影響を及ぼしてしまいます。

離婚には、金銭的な問題が必ず発生します。
どんなに親しい間柄にある人間関係においても、金銭問題が絡むとなぜか大きなトラブルに発展しがちです。

ただでさえデリケートな問題であるにもかかわらず、喧嘩という状況を作ってしまうと、冷静な判断力は失われ、最初は、小さな問題だったとしても、次第に大きなトラブルへと発展するのは想像できます。

配偶者の不倫による慰謝料や子どもの養育費の問題の場合は、特に深刻で、悪い関係のまま話し合いを進めると、要求通りの金額に応じなかったり、減額される可能性もあります。

そればかりではなく、夫婦の間に子供がいる場合は特に深刻です。
子どもにとって、離婚という選択は、両親の気持ち以上に深刻で、生活環境にも悪い影響を与えてしまいます。

それに加え、最後の最後まで実の親が、罵り合い、両親別れをしている姿を目の当たりにすると子どもの記憶には、両親の良い想い出を残す事はできず、子どもの将来にも悪影響となるのは避けられません。

互いに冷静な態度をとり、最後くらいは相手の事を思いやる気持ちをもつことが重要です。
一度は愛しあい、将来を共にしようと決意し結婚という道を選択した二人です。

さらに二人の間には愛の結晶ともなる愛おしい子どもまで誕生しているのですから、最後くらいは仲良く離婚という手続きをした方が互いのため、何より自分の為にもなるのです。

離婚には様々な理由があり、心中穏やかではないはずです。
しかしこの先の新しい人生を気持よく歩き出せるためにも、そして子どもの為にも最後くらいは仲の良い夫婦を演じてみるのも悪くないと思います。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事