「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

円満離婚をすための予行演習

離婚をするということは、何も書類上の手続きだけではありません。
むしろ離婚届けを提出し、婚姻関係を解消するということは意外と簡単なのかもしれません。

本当の意味で大変なのは、離婚が成立した後の生活だと言えます。
男性の場合、職を辞さないかぎり、収入が途絶える事もありませんし、洗濯や料理を日頃から行っている経験がある方なら、離婚後の生活にそれほど苦労する事はないでしょう。

むしろ一人の生活を楽しむという人もいるかもしれませんね。
ただ女性の場合はそうもいきません。

夫の収入のみで、生計を立てていた場合は特に深刻です。
結婚当時のような生活水準を安定させることは難しく、貯蓄がない場合には、早急に働き口を見つける必要があります。
その他にも離婚後に発生する様々な問題点がありますので、離婚を決意する前に、離婚した後の生活がどうなっているのか考えてみましょう。

離婚後の生活予行演習を行う

離婚を決意し、正式に手続きをする前に別居をしてみるのはどうでしょうか。
離婚後の生活を頭の中でシュミレーションできないという場合は、旦那と別々の生活を実際にやってみるのが一番いい方法です。

引越しの費用を準備するのが厳しい人は実家のご両親に相談をし、暫くの間お世話になるといいでしょう。
ただ離婚が成立した場合には、引越し費用や月々の家賃、生活費が必要となってくるという事を忘れないようにしましょう。

働いた経験がない女性は、アルバイト情報誌などに目を通し、どのような場所で働くことができるのか、お給料の額はどうなっているのか、本当にこれくらいの収入で生活が安定できるのかなどを具体的に考えてみるのも良い方法です。

子供がいる場合には、女性一人の収入だけではまともな生活を整える事は難しいでしょう。
夫の慰謝料や養育費だけをあてにしてはいけません。

その場合には、各市役所に相談をし、どのような支援制度があるのかも事前に確認しましょう。
経済的な面で、色々と考える事ができたら、夫と離れて暮らす生活がどのようなものなのかを体験してみるのもお勧めです。

離婚を宣告する時期について

さまざまなシュミレーションや予行演習をおこなった上で、それでも離婚することを決意した場合には、その意志を告げるタイミングを考えてみましょう。

離婚を相手に伝えるタイミングは夫婦関係によってさまざまです。
できるだけ冷静な気持ちで互いに話し合いができるように、夫の仕事が休みの日など時間にゆとりがある時を選ぶようにしましょう。

また売り言葉に買い言葉ではありませんが、喧嘩をしている時に離婚の意思を伝えてはいけません。
自分の今の気持ちをしっかりと受けてもらえるためにも、互いの気持ちが落ち着いている時に話し合いの場を設けるようにしましょう。

例外として、夫の暴力が原因で離婚を決意している場合には、離婚の意思を告げず、DVなどを専門としている方に相談をし、確実なる証拠を揃えた上で離婚の手続きを開始することが良い方法だと思います。

いずれの場合にせよ、トラブルを引き起こさないよう離婚の意思を告げるタイミングを見極めるようにしてください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事