「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

暴力が原因の熟年離婚

暴力が原因で離婚をする夫婦というのは、何も働き盛りの夫婦だけではありません。
近年、暴力が原因で離婚する熟年者も多くなっていると言われています。

かなり長い期間、暴力のある生活に耐えていたのかと考えるとものすごく悲しくなりますよね。
暴力といってもいろいろな形がありますので、身体に与える影響や精神的に受けるダメージの程度に大きなちがいはあります。

しかしどの暴力であっても、一人の人の貴重な時間を奪い、恐怖と不安で身体に悪影響を与えているという事実は、犯罪でしかないのです。

熟年離婚の原因のDVの実態

DVには、身体的な暴力の他に言葉による暴力があります。
熟年離婚の原因となっているものは、言葉による暴力が殆どです。

DVの加害者も被害者も共に年をとりますので、体を動かし、力で相手を支配するというのは難しくなります。
その為、相手を罵るような言葉を使ったDVを行うようになるのです。

その他にも日頃優しい人が、アルコールを飲むと、その力を借りて、性格が変化し、凶暴になるといったケースもあります。
熟年離婚の原因の一つにあげられているのが、アルコール依存によるDVです。

アルコールを飲むと、物を投げつけたり、暴言を吐いたり、時には手をあげるなどの凶暴性があらわになります。
その為、仕事の接待、友人との飲み会が多くなる度に恐怖と不安を抱えて、帰宅をまたなければならないのです。

日頃はおとなしい人だけに、離婚にまで踏み切れず、年を重ねるまでずっと我慢しているといった傾向にあります。
熟年離婚の原因はそのほかにも性格の不一致、性的暴力や経済的DVなどの状況も発生しており、社会的な問題になっています。

熟年離婚の増加

子どもが成人を迎えるまで、暴力に耐え続けるといったケースが多く、子どもの成人とともに離婚に踏み切る熟年離婚が急増しています。

なぜ熟年離婚が急増いているのかというと、これは夫婦の関係がこれまでとは違い、夫についていく、一生同じ人に添い遂げるといった考え方が希薄していること、夫婦でそれぞれの生き方を重要視するといった背景が熟年離婚に拍車をかけているようです。

その他にも、これまでは、男性が社会にでて働く、女性は家庭を守るといった構造が崩れ、女性でも男性と同様に自立した生活を送ることができることから離婚を選択する方も多くなっているのです。

また2007年にスタートした年金分割制度の開始とともに、熟年離婚が加速しているといっても過言ではありません。
テレビでも熟年離婚をテーマにしたドラマが度々放映されることで、簡単に離婚という道を選択する人もいますが、熟年離婚には若い頃の離婚とは違い、問題は山積みです。

簡単に離婚を選択できる今だからこそ、熟年離婚のメリットやデメリット、やるべきこと、やってはいけないことなどを事前に理解した上で、自分にとって何が一番良い方法なのかを見極める必要性があるのではないでしょうか。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事