「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

暴力・DVに対してやるべきこと

離婚に向けての第一歩をふみだそう

配偶者から何かしらの暴力をうけ、日々恐怖や不安を抱えて生活をしている方は、勇気を振り絞って次に向けての一歩を踏み出すようにしてください。

どのような理由であれ、家族に暴力を与えるのは、決して許されることではありません。
躾との境界線をつけるのが難しいと指摘する人もいますが、恐怖や不安を煽るような暴力は、犯罪でしかないのです。

ただ、暴力をくわえている加害者から逃げる際には、絶対に逃げる場所を見つからないようにしましょう。
各都道府県には、DV相談の専門機関がありますので、一人で悩まずに相談することも必要です。

DVの相談をしている事をDV加害者に知られないようにするために、連絡先などの情報を家庭内に残さないようにしてください。
頻繁に連絡をとっている知人や兄弟、関係機関等の通話履歴を残さないように注意をしなければなりません。

情報を家に残さない

DV被害者から逃れ、離婚をするため次のステージへ進むためには、DV加害者にバレないようにする必要があります。
連絡先や資料などを家のゴミに処分してしまうと、執念深いDV加害者に見つかる危険性もありますので、万が一資料等を処分する場合には、ごみ収集の日まで、ゴミ箱に安易に処分しないようにしましょう。

計画の途中でバレてしまうと、離婚を阻害される危険性があります。

証拠があると離婚がスムーズに進められる

離婚裁判に持ち込む場合に、有利になる証拠を密かに集めるようにしてください。
証拠がなければ離婚できないのかというとそうではありません。

ただ証拠がないよりは、あった方が離婚裁判をスムーズに進める事ができますので、確保できる証拠はとっておくようにしましょう。

例えば、身体的暴力を受けた際の治療に通っていた病院の明細書、傷や痣の写真、受けた暴言の録音、いつどのような形で暴力を受けたのかメモをしておくのもいいですよね。

シェルターを利用し、DV加害者から逃れる

今すぐにでもDV被害者の元から離れたい、逃げたい、子どものために家を出たいと考えている人は、各地域にあるDV専門の機関、もしくは最寄りも病院や警察に相談するようにしてください。

一時的に保護してくれるシェルターを紹介してくれますので、着の身着のままでDV加害者のもとから逃れる事ができます。
身を寄せている場所は、加害者に絶対にバレる事はありません。

簡単に連絡をとることもできませんので安心して、逃れる事ができます。

自立に向けたサポート

DV加害者から逃れ、次のステージで新たな人生を歩みたいけど、どうしたらいいのか分からないといった不安を抱えている人も少なくありません。

その為、暴力に耐え続けている人もいますが、自立に向けた生活のサポートもしてくれます。
DV加害者にバレないよう住民票を移動する必要もありません。

子どもは、法的な処置によって転入も可能ですし、経済的な余裕を持つため自立に向けた支援もしてくれます。
ただ関係機関のスタッフによっては、対応が不十分である可能性も否定できません。

だからといってそこで諦めてはいけません。
今の状況から逃れるためには、勇気を振り絞った一歩が必要なのです。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事