「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫からの暴力に我慢しない

DVという二文字で表されるドメスティック・バイオレンスは、夫婦間や恋人同士間で発生する暴力行為の事をさしています。
殴る、蹴るなどの身体的暴行から罵る、屈辱を与えるなど言葉の暴力、レイプまがいの性行為の強制や日常生活の行動監視などなどあらゆる行為が行われます。

警察によるDVの対応とは

男性と女性の力の差は明らかです。
その為、命の危険が及ぶ危険性も少なくありません。

以前であれば、DVなどの家庭内暴力で警察に相談するとあまり熱心に対応してくれない事があったようですが、近年法律の改正により、警察が家庭内で発生しているDVに積極的に手を差し伸べる事が可能となっています。

DVの被害者は、殴られている原因は、自分にもあるのではないかという誤った判断から、気軽に他の人に相談できず、ひとりで悩みを抱え、明るみに出た頃には、深刻な状態になっているケースが殆んどなのです。

これまでの警察署の対応としては、他の事件に比べ、家庭内暴力の境界線を明確にすることができないなどの理由から積極的に保護をしたりといった手段をとることは難しいと言われていましたが、近年の法律改正に伴い、DVに対する処罰が厳しくなっています。

小さなお子様を抱えている場合は、特に早急に最寄りの警察署等へ相談をし、今の現状を変える必要があります。
警察署では、相談に見えた被害者とその子どもを安全な場所に保護し、離婚に向けた行動をサポートすることも可能です。

DVが与える子どもへの影響とは

DVという環境で育った子どもは、学校へ行く事を拒み、次第に引きこもった生活を送るようになるでしょう。
常になにかに怯え、父親や母親の存在に嫌悪感を抱くようになり、歪んだ性格を持ったまま大人に成長します。

また小さい頃に暴力で支配されている環境に育った子どもは、暴力によって物事を解決するという誤った判断力が養われますので、大人になった時に、自分の大切な配偶者に対し、暴力で支配するということに対し何ら罪悪感を抱く事もありません。

DVをする男性のタイプ

どんな男性でも女性や家族に手をあげる、暴力をふるうというわけではありません。
ではどのようなタイプの人が、DVの加害者になってしまうのでしょうか。

DVの被害者になる男性の特徴に、繊細で傷つきやすい性格を持っている事があります。
また女性を大切なパートナーという存在ではなく、所有物の一つとして見る傾向にあり、自分の思い通りの行動をしない場合には、暴力によって支配するようになるのです。

DVの加害者になる男性は、職場での評価が高く、ご近所の評判も良い事がありますので、DVの相談を持ちかけた場合でも信用してもらえない事が多く、殴られている女性の方に非があるのではと疑われると言います。

勇気を振り絞って相談したにもかかわらず、信じてもらえないことから、エスカレートする暴力に耐え、自暴自棄にるケースが多いのです。

DVの加害者は、日々暴力をふるうのではなく、時々優しい言葉をかけることもあります。
また殴った事に対し、その瞬間だけは必死の形相で謝る事もします。

しかしその行動に惑わされてはいけません。
暴力という行動に強弱をつけることで、被害者の精神状態をコントロールしているのですから。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事