「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

男の離婚で家計が火の車にならない為の3つの方法

離婚で家計が火の車にならない為の方法

離婚したら家計が火の車?どうする?

離婚したら生活が苦しくなる理由は、財産分与、慰謝料の支払い、子供の養育費です。

財産分与では共有財産の2分の1を妻に分ける必要があります。

慰謝料の相場は100~300万円、養育費の相場は子供1人当たり月額5万円ですから、離婚後に家計が火の車になるのは明らかです。

加えて男の一人暮らしでは外食が増えて食費がかさむなど、生活費が余分に必要になります。

妻子と別れて離婚貧乏にならない為にも、家計が火の車にならない方法を知っておきましょう。

財産分与で資産が半減する?

夫婦が離婚した場合、婚姻後に蓄えた共有財産は2分の1ずつ分ける事になります。

つまり結婚後に購入した家やマンション、現金・預金、家電、家具、乗用車などの一切を妻と半分ずつ分けなければならないわけです。

これで自分の財産は半減してしまい、住む家や、いざという時の蓄えもなくなります。

対処方法:

財産分与で火の車にならない為には分け方がポイントになります。

現金を取るか不動産を取るか、乗用車や家財をどうするかでも大きく違ってきますので離婚後の生活を見据え「名より実」で損のない分与をしてください。

慰謝料で大きなダメージ?

離婚といえば慰謝料ですが、どのような理由で支払うかによって金額は異なります。

不倫なら100~500万円、家庭内暴力なら50~500万円、セックスレスなら50~200万円、別居や生活費を渡さないなどの悪意の遺棄なら50~300万円程度が相場で、大きな出費です。

対処方法:

慰謝料は離婚原因を作った側が支払うもので、自分に非がなければ絶対に支払わない事です。

自分側に非があって、妻側が確たる証拠を握っているなら、早めに弁護士など専門に相談し大きなダメージを未然に防ぎましょう。

養育費で家計が大ピンチ?

子供の養育費の相場は支払側・受取側の年収によって違ってきます。

その相場は子供1人当たり約5万円程度、年間にすれば60万円程度の出費が子供が成人するまで続く事になります。

子供の数が増えてくれば2倍・3倍…となるわけですから生活が火の車になるのは当然の成り行きです。

対処方法:

養育費の支払いについて公正証書や調停調書を作成すると、滞納した時に制裁金支払い命令や給与差押えなどの措置をされる可能性があります。

離婚しても我が子の養育費を払うのは当たり前ではありますが、そのような措置を受ける事がないよう公的な文書作成の前には専門家に相談のうえ十分な検討をするようにしてください。

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事