「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

妻の不倫が原因の離婚!より高額な慰謝料を貰う方法

より高額な慰謝料を貰う方法

不倫離婚で慰謝料を請求

離婚で慰謝料を貰えるのは妻(女性)側ばかりではありません。

妻が不倫をした事が原因で離婚する場合は夫(男性)側からも慰謝料を請求できます。

同じ慰謝料請求をするなら、より高額な方がいいと考えるのは当然な事です。

夫(男性)側がより多くの慰謝料を確実に貰う為のポイントを考えていきましょう。

慰謝料=損害賠償金である

離婚の原因が配偶者にある場合、精神的な苦痛を受けた損害賠償として慰謝料を請求する事が可能になります。

この場合、慰謝料を請求できる条件は相手が不貞行為をしているという点です。

不倫は法律でいう不貞行為に当たり、民法709条・710上で「損害を賠償しなくてはならない」と定められています。

法律のお話をすると少し堅苦しくなりますが、現実の例でいえば「妻が不倫をして離婚に至るというのは精神的に大きな苦痛だから損害賠償金(慰謝料)を払え」という事になるわけです。

不倫離婚の慰謝料の相場は?

妻の不倫が原因による離婚慰謝料の相場は100~500万円程度、平均すると300万円程度が標準額とされています。

金額に幅があるのは次のような諸条件によるものです。

  • 婚姻期間の長さ(長い→高額、短い→低額)
  • 有責度の度合い(重度→高額、軽度→低額)

婚姻期間(結婚の年数)が長く、かつ有責度(責任の程度)が重ければ慰謝料はより高くなります。

例えば婚姻期間が1年でも、有責度が軽度であれば100万円程度、有責度が中度であれば200万円程度、有責度が重度であれば300万円程度と慰謝料は上がります。

これが婚姻期間が20年以上で有責度が重度であれば慰謝料は1000万円程度です。

不倫が原因による離婚の有責度は、不倫期間・不倫の程度・妊娠や出産の有無・別居の有無など要素が関係してきます。

慰謝料は請求しないと貰えない

離婚の慰謝料で基本となるのは「請求しないと貰えない」という事です。

請求しても妻が不倫を否定して慰謝料の支払いを拒絶するケースもありますので、間違いなく慰謝料を貰う為には離婚調停や裁判になっても通用する「動かぬ証拠」を手に入れておく必要があるでしょう。

妻の不倫の証拠としては次のようなものが挙げられます。

  • 不倫の現場写真(不倫相手とホテルに入る写真など)
  • 不倫の証明できる文書(不倫を認める日記や手紙など)
  • 不倫を証明できるテープ(不倫を告白した録画や録音など)

こうした証拠を個人で手に入れるのが難しい場合は、探偵事務所や調査業者などに依頼するといいでしょう。

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事