「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

浮気、不倫、暴力の離婚慰謝料の相場はいくら?

浮気・不倫・暴力の離婚慰謝料の相場とは

離婚慰謝料の相場

離婚の際に支払う慰謝料はケース・バイ・ケースですが、一般的には次のような相場があります。

  • 浮気や不倫が原因…100~500万円
  • 家庭内暴力(DV)…50~100万円
  • 精神的な虐待、モラハラ…50~200万円
  • 悪意の遺棄が原因…100~300万円
  • セックスレスが原因…100~300万円

この金額を見て、「高い」と思うか「安い」と思うかは人それぞれです。

離婚では夫婦の共有財産の分与もありますので、プラスして慰謝料を支払うとなると資産に大きなダメージを受ける結果になる場合もあります。

反対に配偶者の上記のような行動が原因で離婚する場合は、相場に添った慰謝料を請求できるという事になります。

(※悪意の遺棄とは、健康なのに仕事をしない、生活費を入れない、家事をしない、家を出て別居するなどの行為です。)

慰謝料の決め方のポイント

離婚の慰謝料は原因だけで金額が決まるわけではありません。

上記で紹介した相場は一般的な金額で、その他の要素が加わると高くなる可能性があります。

慰謝料の金額が上がる要素としては次のようなものが挙げられます。

  • 婚姻期間が長い

結婚生活の年月が長ければ長いほど精神的な苦痛が大きく、強いダメージを受けていると判断されます。

過去の例でいえば婚姻期間が1年未満なら100万円程度の慰謝料も、20年以上なら500万円程度になるとされています。

慰謝料は精神的な苦痛に対する損害賠償金ですので、受ける苦痛が大きければ慰謝料も高額になるわけです。

  • 配偶者の年収が高い

芸能人やプロスポーツ選手の離婚の例でも分かるように、請求する相手の年収が高ければ離婚慰謝料の金額も高くなります。

これは慰謝料の支払能力が関係しており、支払能力のない人からは高額の慰謝料が取れないからです。

年収(収入)が高いだけでなく配偶者の社会的な地位が高ければ慰謝料も高額になります。

  • 請求側の年齢が高い

精神的な苦痛を受けたとして慰謝料を請求する側の人の年齢が高ければ慰謝料も高くなる傾向があります。

  • 離婚原因と度合い

離婚原因の度合い(程度の差)によって慰謝料の金額は変わってきます。

例えば同じ不倫でも、不倫関係が長期にわたっていたり、不倫相手と同棲している、相手が妊娠や出産しているという場合や、配偶者の不倫によって精神的な病気(うつ病など)になってしまったという場合は慰謝料も高額になります。

これは家庭内暴力やセックスレス、悪意の遺棄、精神的な虐待などでも同様です。

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事