「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

男が離婚で直面する子供の親権・監護権とは?

離婚で直面する子供の親権・監護権とは

子供の親権とは?

離婚の際に大きな問題の一つになるのが「子供の親権」です。

親権とは未成年の子供に対して法律上の親が持つ権利や義務を指します。

この親権を持つ者を親権者といい、子供の身分上・財産上の保護や監督、教育などに関する権利や義務を有する事になります。

具体的にいうと、親権は「身上監護権」と「財産管理権」に分けられます。

身上監護権
未成年の子供の身体的かつ精神的な成長を図る為の権利と義務で、身の回りの世話やしつけ、教育などを行なう事を指します。

子供が住む場所や生活する場所を決めたり、不正な行動や不当な行為に対して懲戒する(叱る、罰を与える)、子供が仕事に就く事を許可する権利があります。

財産管理権
未成年の子供の財産を管理する権利です。

財産に関連する法律的な行為(契約を結ぶ等)を代理として行なう事ができます。

財産を維持したり利用する、改良する、処分するといった権利も含まれます。

子供の監護権とは?

監護権は親権の一部で、主として子供を育てたり教育したりする義務と権利を指します。

未成年の子供を育てるうえで必要な監督を行なったり、生活上の世話や指導をする、教育を受けさせるなどが含まれます。

監護権という言葉から堅苦しいイメージを受ける人もいるかもしれませんが、その意味は「子供を監督し保護する義務と権利」であって実際には一般的な親がやっている事と大きな違いはありません。

子供が住む場所を用意したり、必要な食事や衣服を与える、常識的なしつけをする、学校に通わせるといった子育て全般を指すと考えればいいでしょう。

父母で親権と監護権を分割

夫婦の離婚に際しては、父母でいわゆる親権と監護権を分ける事もできます。

監護権(身上監護権)はダイレクトに子供を育てる権利(子育てする権利)ですので、父母のいずれかが子供と一緒に生活し育てる権利と言い換える事ができます。

親権のうちの財産管理権は子供の財産の管理や法律行為を代理する権利です。

子供の財産というと、テレビドラマや小説に出て来るような大金持ちの子供を想像してしまうかもしれませんが、離婚した父母のどちらかが子供に与えた貯金や持ち物なども財産に含まれます。

法律行為とは何かの契約をするなどのケースで、未成年の子供は契約ができない為、代理人として契約を結ぶといった行為を指しています。

離婚する父母が親権と監護権を分けて持つという場合、母親が子育て全般を行なう親権、父親が法律にも関わってくる監護権を獲得するといったケースが多く見られます。

妻と離婚したいのに同意がもらえないで悩んでいる方

  • 妻と離婚をしたいけど、「離婚しない!」と拒否されている!
  • 出来ればスムーズに妻と離婚したい!
  • 離婚の準備をどのように進めれば良いのかわからない!
など、妻と離婚をしたいのだけど、話がまとまらない方や、スムーズに離婚を進めたい方はこちらを参考にしてください。

夫側男性が円満離婚する方法

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事