「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

計画的な離婚の為に!男性がすべき5つの準備

計画的な離婚の為に男性がすべき5つの準備

1.お金の準備

男性で仕事を持っている人は、離婚したからといって即座に生活費に困るような事はないでしょう。

それでも離婚に伴う「財産分与」や「慰謝料」「養育費」などの問題は発生します。

離婚原因が男性側にあれば「慰謝料」の支払い、子供がいて妻側が子供の親権を獲得するようなら「養育費」を支払う義務が生じます。

そのどちらも必要ない場合でも、結婚後に夫婦で築いた財産は妻と半分ずつ分ける「財産分与」があるので事前にお金をきちんと準備しておく必要があります。

2.住まいの準備

離婚後、夫婦で住んでいた家に住み続けるとなると光熱費が馬鹿にならないだけでなく、掃除や片付けなども意外に時間が掛かったり、財産分与で妻に分けた家財がなくなると生活に不便を感じるケースも少なくないようです。

元の住まいを出て賃貸に移る場合は、部屋探しから始めなければなりません。

探すのに手間が掛かるだけでなく連帯保証人が必要だったり、敷金・礼金・前払い家賃のほかに引越し代などの準備もしておく必要があります。

3.生活の準備

今まで妻側に家計や家事を一切任せていた場合、離婚後早々に困ったというケースが多く見られます。

生活に欠かせない電話やスマホ、水道光熱費などの引落し口座が分からなくて電気を止められてしまったり、近所にどんなスーパーや商店があるのか知らないのでは日々の生活にも困ってしまうのは言うまでもありません。

独身時代は母親任せ、結婚後は妻任せだった人は離婚前に自分の生活を見直し、一人でもどのくらいやれるのかをチェックしておいてください。

4.職場の準備

離婚した事実を職場で打ち明けるか否かは迷うところです。

現在の日本ではバツイチの男性も少なくないものの、職業や職場環境によっては言い出し難いケースもあるかもしれません。

いくら隠そうとしても、いずれは住宅手当や扶養控除などの問題で上司や経理には報告せざるを得なくなります。

勤務評価や周囲の目が気になるようでしたら、信頼できる上司や先輩に相談してみるといいでしょう。

5.子育ての準備

離婚後、子供の親権が父親側に行く割合はわずか12%です。

約88%の割合で親権は母親側に行ってしまうわけですが、もし親権が獲得できたとなれば育児や教育の問題が発生します。

子供が幼児なら育児をしてくれる祖父母やシッターが必要ですし、小中学生以上なら食事など生活、学校などの面倒を見る人が必要になります。

子育ては男性が考えるほど容易ではありませんので、事前にしっかりした準備をしておいてください。

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事