「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫婦共有名義の家があると離婚でもめる原因になる?!

共有名義の家があると離婚でもめる原因になる

仲良く暮していたはず夫婦も離婚となると人柄が変わったように大モメになる事があります。

夫婦だけでなく親兄弟や姉妹までも巻き込んだ騒ぎになる事もあるでしょう。

離婚でモメる原因のトップ3は、「夫婦どちらが悪いのか」、「子供の親権は父母どちらが取るか」、「共有財産はどう分けるか」という問題だそうです。

夫婦別れで原因がどちらにあるかでモメるのは当たり前、可愛い子供の親権で大モメになるのも当然ですが、夫婦の共有財産というお金絡みのモメ事は単純には解決できません。

財産(お金)分けの問題は離婚した後の自分の生活に直結しているからです。

不動産は財産分けが困難

数ある財産の中でも、特に分け方が難しいのが家やマンションなどの不動産といわれています。

現金・預金が分けやすいのは言うまでもなく、家電や家具も各自の好みで譲り合いが可能ですが、住宅・土地・分譲マンションといった不動産はスッキリと分ける事ができません。

不動産が夫名義のものであれば時価(離婚時点)に換算し、現金・預金や家財と相殺して2分の1に調整して分与するのが合理的で、これは不動産が妻名義のものであっても同様です。

不動産が夫婦の共有名義の場合は問題が複雑化します。

最も簡単な解決方法は、離婚の際に不動産の共有名義を解消して夫婦いずれかの単独名義にする事です。

共有名義というのは1つの不動産に対して複数の名義人がいるという意味で、これを解消する為には自分の持ち分を相手に売却する(もしくは相手の持ち分を買取る)という手続きが必要になります。

この方法は一見合理的に見えますが、手続きが多少面倒な事や売却(買取)価格によっては税金が発生する可能性が出て来るというマイナスポイントがあるので注意が必要です。

売却が駄目なら贈与という手もあるものの、同じように贈与税というものが発生する事になるでしょう。

夫婦共有名義の不動産を単独名義にする為には、税金の問題をクリアする事がポイントです。

共有名義のまま財産分与すると?

夫婦共有名義の不動産を単独名義に変えるのが難しいなら共有名義のまま分けるという事になるでしょう。

共有名義の不動産が更地(建物がない土地)だけであれば比較的分けやすいものの、一戸建て住宅や分譲マンションの場合は分与が難しくなります。

最も簡単なのは不動産を売却して現金に換え、それを離婚時に分けるというのがシンプルな方法ですが実現が難しい場合もあるでしょう。

夫婦の一方が家に住み続けるという形で財産分与するとなると、もう片方には不動産価格に見合った現金や家財を分ける事になるので問題が複雑になります。

現金・預貯金が十分にあればモメ事にはなりませんが、それが不足していると大モメになりやすいというのはこの問題が原因なのです。

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事