「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚後女性は自分の幸せを優先すべき?そのバランスは?

離婚後女性は自分の幸せを優先すべきか

離婚にまつわる3つの問題

女性が離婚を考える場合、3つの壁ともいうべき問題があるといわれています。

それが「離婚後の生活」「子供の存在」「自分の生き方」という問題です。

いずれも1日や2日くらいで答えの出る問題ではありませんが、離婚を考えた時には避けては通れない課題といえるでしょう。

離婚にネガティブな要素は付き物ですが、新たな生活のスタートという意味では「自分自身の幸せ」を追求していく必要があります。

女性は離婚という事態に際して、3つの壁ともいえる問題をどうクリアしていくべきなのでしょうか。

離婚後の生活はどうする?

「離婚後の生活設計にはお金が第一」と考える人もいるはずです。

その意味では財産分与や慰謝料、子供の養育費が重要なポイントになります。

財産分与とは結婚後に夫婦で築いた共有財産を分ける事で、基本的には夫婦で2分の1ずつ分ける事になっています。

しかし、現実問題として単純に半分に分ける事は難しく、持ち家や分譲マンションをどちらが取るか、預金や現金とのバランスをどうするか、家具・電化製品などをどう分けるかで損得が決まって来る場合もあります。

夫婦の共有財産をどのように分けるかは離婚後の生活を有利にできるか、不利になってしまうかの分かれ道ですから慎重に検討してください。

子供の存在をどうする?

離婚と子供の関係では、決めるべき事が大きく分けて2つあります。

一つめは「子供の親権をどちらが取るか」、二つめは「離婚後の面会権をどうするか」です。

親権をどちらが取るかに関わらず、離婚後に子供に会う権利は誰にでも認められており、お互いにこれを無視する事はできません。

ただ、母親として子供の幸福を考え過ぎると、自分自身の人生が二の次になってしまう可能性も出て来ます。

子供はあくまで人間として独立した存在であり、子供自身も母親の幸福を願っている事を理解した上で決断を下す必要があります。

自分の生き方をどうする?

女性の離婚後の生活で最も大切なのが「自分の生き方を重要視する」という点です。

離婚したからといって自由気ままに生きていいのではないと同時に、バツイチだからといって引け目を感じたり子供の為だけに生きる必要がないのは当然の事です。

ある程度、お金に余裕があれば趣味や嗜好を活かした資格を取得し、自分自身のキャリアを築いていくという方法もあるでしょう。

また、生活資金がタイトであれば、地道に家計費を稼いでいける職業に就く努力が必要になります。

どんな生き方をするかは状況次第になりますが、自分自身の幸せを追求していかなければ人生そのものが意味のないものになる可能性があります。

3つの問題にとらわれ過ぎる事なく、勇気を持って自分の幸せを優先するようにしましょう。

夫と離婚したいのに拒否されて悩んでいる方

  • 夫と離婚をしたいけど、「離婚しない!」と拒否されている!
  • 出来ればスムーズに夫と離婚したい!
  • 離婚の準備をどのように進めれば良いのかわからない!
など、夫と離婚をしたいのだけど、話がまとまらない方や、スムーズに離婚を進めたい方はこちらを参考にしてください。

女性が上手に離婚する方法!離婚する時に考えるべき事は?

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事