「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

経済的なDV・暴力について

夫や妻が加害者となって、家族に対する暴力・DVが原因で、離婚、家族崩壊といった事例がいくつもあります。
家庭内における暴力だけに、なかなか表に出ることが少なく、発見された時にはすでに深刻な事態になっているというのが一般的なDVの特徴です。

DVとは全く無関係の生活を送っているは、「身体に直接危害を加えるもの」がDVだと認識している人も多いようですが、DVには、身体への暴力以外にも様々な行為があります。

身体的虐待は、外部から見つけることができますので、第三者の介入がしやすいといってもいいでしょう。
しかし、経済的DVの場合、その行為がDVであるという認知度がまだまだ低く、外部から発見することは難しくそれどころか被害者も「まさか自分がDVを受けているなんて」と全く気がついてないケースがほとんどなのです。

経済的DVとは

身体的DVとは違って、経済的DVとは、どのような暴力の事を示すのかというと、家に生活費を入れない、妻に生活費を与えないといったものが。代表的な例にあたります。

例えば、夫だけの収入で家計を支えている家族の場合、当然夫の収入を受け取らなければ、家庭を任されている妻は、食事の準備、支払いなど家計をやりくりすることはできません。

しかしそれを分かっていながら、夫は月に1,2万だけの現金だけを与え、それで日用品を購入したり、食事の準備や支払いをするよう命じるといいます。

小さな子どもを抱えている場合は、十分な栄養を与える事もできず、子供が衰弱するといったケースも実際に起きています。
その為妻は、自分の実家や兄弟から借金をしたり、闇金に手を出す事もあります。

借金の生活に追われる事で次第に精神のバランスを崩し、うつ病など精神障害をきたす方も多く、最悪の場合子供が死に至るケースも多発しています。

経済的DVから逃れる方法とは

経済的DVは、身体への暴力はありませんが、今のままの生活を送っていると、確実に精神的ダメージを受ける事になるでしょう。
若く、体力があって、外で働ける人であれば、今すぐにでも離婚を決意し、悪い環境を断ち切る勇気を持つ必要です。

経済的DVをする夫は、この先も家庭に収入を入れることはないでしょう。
それどころか、経済的DVがエスカレートすると、外出することも禁止されるようになりますので、外で自由に働く事もできず、これまで以上にひどい生活を送る事が予想されます。

自力でDV夫の性格を改善しようと試みる人もいますが、残念ながらその行動には、全く意味がありません。
なぜなら経済的DVの加害者は、自分の行動が間違っているなんて一切認識しておらず、被害者がつらい心中を訴えても全く理解してもらえるはずがないのです。

経済的DVの解決策は、とにかく離婚を決意することにかぎります。
状況が悪化しては、離婚にさえ応じてくれないケースもありますので、一度専門機関に相談し、環境を変え自分らしい生活を取り戻す為にも離婚する勇気を持つようにしましょう。

特に小さなお子様を抱えている方は、一刻を争いますので、明るい将来を手に入れる為にも離婚を決意し、自立した生活を送ってみるのはどうでしょうか。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事